■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

納豆からアジアを見ると・・・。   「謎のアジア納豆」 高野秀行 著
「謎のアジア納豆 そして帰ってきた日本納豆」
高野秀行 著


納豆は日本独自のものという固定概念を打ち砕く、
知的興奮に満ちたアジア納豆をめぐる旅。





著者は東南アジアに関する著書を多く執筆しているノンフィクション作家。
東南アジアでまさしく日本の納豆と同じものが出てきて、
アジア納豆の存在をしり、アジアの納豆を探る旅にでる。

まぁ、でも納豆だから大体話としては想像できる・・・。
そんなナメた考えで読み始めたらなかなか面白かった。
著者の文章もいい。
軽い語り口で人柄がでているようで読んでいて疲れない。

納豆が食べられているのは、主に、アジアの山の奥深くに住んでいる民族。
それは単に偶然ではなく、歴史や風土と密接に関係している様子を
著者は描き出す。
そして、納豆民族の多くは同じ国の多民族から迫害や差別を受けていることも多い。

納豆という切り口でアジアをみるとまったく違ったように国々の姿が見える。
幸福の国といわれるブータンで10万人も難民がいたとは、
まったくの初耳。

ネパールではインドよりはっきりとカースト制度があって、
名前でカーストが分かれているとか、
次々と知らないことばかりで興味深かった。

それから納豆の食べ方の日本との違いも面白い。
糸をひかないものがおおく、
スープや炒め物につかうことが多い。
日本のようにごはんにそのままかけて食べるもの、
糸のひきがつよいものは珍しかった。
でも、日本の納豆も調べると実はそうではないのがわかる。

日本の納豆の発祥や歴史についても探っていて、
それも面白い。
秋田出身の人間としては納豆汁を普通に食べていたので、
逆に一般的ではないんだと改めて驚いた。

訪ねる国や地域でさまざまな人々と交流し、
話を聞き出す著者の姿に好感が持てるし、うらやましい。
こういう人柄の人には、自然と人が集まるんだろう・・・・。

最後、縄文まで日本人の食をさかのぼっていく感じは
知的好奇心を刺激されずにいられない。

ああ、今、主流の小粒納豆ではなく、
ひきわりや大粒の納豆を久しぶりに食べたくなった。

とりあえず腹いっぱい納豆がたべたい。









 



 
いつも食べてるあのお菓子の地方限定の味≪プリッツ ずんだ味≫ 
 

ダイズまるごと炭酸飲料≪SOYSH≫ 
 

本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

livedoor RECYCLE



古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】







テーマ:ノンフィクション - ジャンル:本・雑誌

ノンフィクション | 10:52:17 | Trackback(0) | Comments(0)
左遷されたキャサリン・ダンス。 シリーズ第4弾 「煽動者」 ジェフリー・ディーヴァー 著  池田真紀子 訳
「煽動者」
ジェフリー・ディーヴァー 著   池田真紀子 訳



キャサリン・ダンスシリーズ、第4弾。
左遷されたダンスが、集団パニックを引き起こす犯人を追いつめる。





ジェフリー・ディーヴァーは好きで、新作が出るたびに読んでいます。
リンカーン・ライムシリーズが有名ですが、本作のキャサリン・ダンスシリーズも、
十分に読者を楽しませてくれます。

物語はソリチュード・クリークという場所のナイトクラブから始まる。
バンドの演奏が行われ、混雑している店内で、煙が漂いはじめ、
火事が発生したと館内放送が流れる。
指示に従い、非常口へと殺到する客。
しかし、非常口の外側に大型トラックが駐車され、
扉が開かない状態だった。
客はパニック状態になり、3人の死亡者がでる惨事となる。

この事故を調べることになったのが、
得意のキネクシスを駆使して行った取り調べで、容疑者を見破れず、
取り逃がしてしまい、民事部に左遷されたダンス。

当初、偶然が重なった事故だと思われていたものが、
ダンスが調べると、誰かが意図的に仕組んだことがわかってくる。

犯人はどんな人物なのか。
そして、事件を起こす動機は何なのか。

作家の講演会、テーマパーク、病院のエレベーター。
次々と起こるパニック事件。
数少ない手がかりの捜査で浮かび上がる容疑者たち。

ディーヴァーの作品は、早い段階で犯人の視点でも描かれるので、
犯人がどんな人物なのかは読者には明かされている。
今回の犯人も犯行の様子が描かれている。
しかも、用意周到なのでダンスもなかなか追いつめることはできない。
ちょっと犯人側に都合よすぎないか・・・。
と思わないではないが、
不特定多数が集まっている場所でのパニックや
群衆心理や行動がリアルに描かれていて興奮してしまった。

次はどこを狙うのか、何のイベントに潜入するのか。
読者は先を読み、想像を働かせるが、
その心理もうまく利用してだましてくれる。

今作はなぜか日本や日本人がエピソードとして何度か登場する。

ソリチュード・クリーク。
直訳すると「コドクノオガワ」
この場所が、戦時中に日系人の強制収容所があった場所だったとか、
ダンスの息子のウェスが友達から無理矢理奪うものが、
日本のマンガの「デスノート」とか。


ラスト、事件の全貌や動機が明かされるが、
ちょっと拍子抜けしてしまった。
それまでさまざまな容疑者を捜査した後だったので、
裏をかきすぎたのでは・・・。

でも、さすがのディーヴァー。
最後におおきなサプライズが・・・・。
帯では「背負い投げ」と書かれている。

ダンスのプライベートや息子のウェスの話は、
ちょっと出来すぎ、まとめすぎと思ったが、
それでも十分楽しませてもらった。

続編の展開も気になる。






いつも食べてるあのお菓子の地方限定の味≪プリッツ ずんだ味≫ 
 

ダイズまるごと炭酸飲料≪SOYSH≫ 
 

本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

livedoor RECYCLE



古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】








テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

翻訳本 | 14:17:25 | Trackback(0) | Comments(0)
一家全員猟奇殺人者。  佐藤 究 著 「QJKJQ」
QJKJQ
佐藤 究著



一家全員殺人者。
江戸川乱歩賞を受賞したサスペンスホラー。




父も、母も、兄も、そして語り手の女子高生の亜李亜も、一家全員猟奇的な殺人者。
特殊な生活を送っている家族だが、
ある日、引きこもりの兄が部屋で殺されているのを亜李亜が見つけ、
殺す側から殺される側に立たされ、恐怖に駆られる。
兄を殺した犯人はまだ家の中にいるかもしれない。
家の中を探し、父とともに兄の部屋にもどると、
兄の遺体は忽然と姿を消していた。

ものすごい設定だが、
殺人の様子を詳細に描いいるし、
殺人犯の特徴や心理を描いていて、
冒頭から一気に惹きこまれた。

この設定と事件の謎が解ける後半になると、
さすがに陳腐に感じた。
死体が消えたり、犯人が姿を消すという謎が解けるとしたら、
こうなるだろうなと想像していた展開。

殺人者を監視・研究する秘密機関が人知れず存在していて、
殺人を犯す様子を見ている・・・・。
この突飛な話を何とか信憑性を増すように、
父の語りと亜李亜とのやりとりが長くてウンザリ。

西東京市とか西武線とか、
ごくごくローカルな世界観が、
ものすごくスケールの大きな話に飛躍。
そのギャップについて行けなかった。

巻末の選評にもあったが、
亜李亜が突如、現実の世界に戻ってくるきっかけが、
まったく描かれていないので、
話自体が嘘くさくなっているように思った。

新しい物語、衝撃的な設定を目指した作者の意気込みは感じられるが、
全体的に陳腐に感じてしまった。







いつも食べてるあのお菓子の地方限定の味≪プリッツ ずんだ味≫ 
 

ダイズまるごと炭酸飲料≪SOYSH≫ 
 

本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

livedoor RECYCLE



古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】






エンタテイメント | 12:50:11 | Trackback(0) | Comments(0)
師と仰ぐ作家の秘められた恋と恋人の失踪事件を調べるうちに・・・。 ジョエル・ディケール 著  橘 明美 訳 「ハリー・クバート事件」
「ハリー・クバート事件」
ジョエル・ディケール 著
橘 明美 訳


二作目の壁にぶち当たったベストセラー作家が、
師と仰ぐかつてのベストセラー作家の秘められた恋と恋人の失踪事件を調べるうちに、
意外な事実が明らかになっていく。





2014年に刊行された評判のミステリー、待望の文庫化です。
上下2冊、年末年始でかじりつくようにして読みました。

評判になっただけあって、冒頭から惹きこまれました。

1975年、アメリカ。
少女が男から追いかけられ、森に逃げていくのを見たと通報する女の様子が語られる。
そして、場面は変わり、2008年。
作家デビューし、1作目がベストセラーとなったが、
2作目がなかなか書けずに出版社から催促されているマーカス。
セレブ生活を謳歌しすぎて、1作目から時間がたちすぎ世間からも忘れられかけている。
困り果てて、最後に頼ったのは、作家になるきっかけをつくってくれた、
大学での恩師でベストセラー作家のハリー・クバート。

久々にハリーの元を訪れ、悩みを相談するマーカス。
ハリーから創作のヒントをもらおうと本棚を漁っていると、
75年に失踪した少女の新聞記事と、少女とやり取りした若き日のハリーの手紙を見てしまう。
その後、自宅に戻ったマーカスに、
ハリーから、行方不明になった少女・ノラの殺人の容疑で逮捕されたと連絡がある。
ハリーにかぎって殺人なんかするはずないと、
2作目の執筆を放って、ハリーの自宅へと駆けつけ、
ハリーの無実を証明しようと失踪した少女ノラについて調べ始めるマーカス。



一気に惹きこまれたが、途中長さをたびたび感じた。
手紙や小説や録音など、
さまざまな記述で75年当時のオーロラの町と
そこに住む住民の人間関係を浮かび上がらせていくのだが、
さすがに細かすぎてちょっと飽きてしまう。
それでも最後まで読んでしまったので、
単純につまらないとは言い切れない。

読んでいるといろいろと突っ込みたくなるところもでてくる。
後半ノラが警察署長に対してやったこととか、
「そんなことするわけないだろ、15の娘が・・・」と突っ込んでしまった。

ノラの人物像も前半と後半では大きく違ってくる。
純粋無垢な少女だと思いきや、計算高い面もあって、取引を持ち掛けたり・・・。
読み終わっても、ハリーが恋愛感情を持つほど魅力的とは思えなかった。
さらに言えば、オーロラの町でモテモテの当時のクバートも、
まったく魅力を感じない。
優柔不断で、虚像の大作家のイメージにしがみついているばかり。

読み終わった物語を振り返ると、
かなり瑕や欠点が多いと感じる。
話が一つに定まらずにあっちに行ったり、こっちにいったり。
ノラの母親のサプライズに関してはさすがに都合がよすぎる。

おそらく、書きながらどんどんアイディアが湧いてきて付け足していったんじゃないか。
大まかな構成はできていたんだろうけど・・。
あとから付け足し付け足しで書いていったがために、
人物像がいい加減になったと想像する。

唯一、キャラクターが立っていて、読んでいて楽しかったのは、
マーカスとその母親の会話。
日本人でもこういう母親いるいると、
うなずける典型的な母親像。
読んでいてホッとするし、母親の登場が楽しみだった。


難ありの小説だけれども、
最後まで読ませるからにはそれなりの面白さがあるのだと思う。





いつも食べてるあのお菓子の地方限定の味≪プリッツ ずんだ味≫ 
 

ダイズまるごと炭酸飲料≪SOYSH≫ 
 

本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

livedoor RECYCLE



古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】






テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

翻訳本 | 21:40:44 | Trackback(0) | Comments(0)
老人介護施設を自前で建てようと奮闘する人たちの勇気をもらえるノンフィクション。  鹿子裕文 著 「へろへろ  雑誌『ヨレヨレ』と『宅老所よりあい』の人々」  
「へろへろ  雑誌『ヨレヨレ』と『宅老所よりあい』の人々」  
鹿子 裕文 著


おしっこまみれ、ごみまみれのお年寄りのための居場所を作ろうと奮起した女性と、
その企みに巻き込まれた人々の勇気の出るノンフィクション。








宅老所 よりあい」は福岡にある老人介護施設。
当初はデイサービスとしてスタートするがやがて、
本格的な介護施設へ変わって行く。

本当の介護ができる施設、
老人たちが気兼ねなくすごせる場所をつくろうと奮闘した人たちの物語がこの本だ。

著者は、フリーの編集者で「よりあい」の代表の一人、村瀬孝生さんの本の出版のため、
出版社から依頼を受け、「よりあい」に足しげく通うようになる。
そして、それがきっかけでもう一人の代表である下村恵美子さんと親しくなり、
「よりあい」の世話人のひとりとして様々な活動の手伝うことになる。


「よりあい」の発端は下村さんが大場ノブヲさんという
明治生まれの老婦人の話を聞いたことからだった。
大場さんは夫をなくしてから一人暮らしで、
何から何まで自分でやって来たのだが、ぼけてからは、
風呂に入らなくなり、下は垂れ流し状態で、体は異臭を放つようになっていた。
下村さんがその部屋を訪ねるとおしっこまみれ、ごみまみれ。
本人は「誰だ! 何しに来た!」と威勢はいいのだが、
部屋中ものすごいにおいで、どこか施設に入れてもらえないかと
知り合いの介護関係者に連絡するも、
そんな老婆を預かると他の利用者に迷惑だと言われ、
簡単に断られてしまう。

「けっ! ばあさま一人の面倒もみきらんで、なんが福祉か! 
がんが介護か! なんが専門職か! 馬鹿にしくさって!」


怒った下村さんは、それならば、自分たちで大場さんの居場所を作ろう
とデイサービスを始める。
義憤にかられた下村さんの姿に感動せずにはいられなかった。

ところどころに挿入される下村さんのエピソードがホッとさせるし、
面白かった。
谷川俊太郎さんとのイベントでのやりとりとか最高。

下村さんの強烈なキャラクターが親しみやすくて、
過酷な介護の話でも軽く読める。


当初は借家や間借りで運営していたが、
様々な事情で自前の建物が必要と考え、
方々にあたり、頭をさげ、協力をお願いして資金を調達する。
土地を購入し、補助金を申請し、
建築にようやくこぎつけることができる。

困難の末、2015年4月、自分たちの居場所である建物が完成し、
開所することとなる。

常に赤字続きの「よりあい」は資金調達のため介護以外の活動も多い。
ジャムを手作りして売っていたり、Tシャツ、トートバッグも売っている。
近くでイベントがあれば焼きそばの屋台を出したり、
募金箱を商店街や公民館なんかに置かせてもらったり。

そして著者が責任者を務める雑誌「ヨレヨレ」も資金調達の一環でスタートする。
(介護現場の現実を伝える「ヨレヨレ」は好評だそうだ)


キレイごとではすまない介護の現場と日常を描いているが、
著者の語りが軽いので楽しく読んだ。
それでも、介護の過酷な労働環境で人手不足が解消されない状況はひしひしと伝わってくる。

人間を相手にしているのだから、
数字や効率を優先しているように感じる今の介護の状況も伝わってくる。


現実として「よりあい」から離れて行く人たちのところも興味深い。
「よりあい」に共感し、世話人になって熱く介護を語っていた人が、
資金調達の地道な活動に参加せず、やがて来なくなる人たち。

登場人物がどの人もゆるい感じで魅力的だった。
著者の描き方もいいのだろうが。

この本全体を包んでいる何とも言えないやさしさ。

過酷な介護現場を笑い飛ばして、
毎日生きていこうとする下村さんの姿に、
少なからず勇気をもらった。







いつも食べてるあのお菓子の地方限定の味≪プリッツ ずんだ味≫ 
 

ダイズまるごと炭酸飲料≪SOYSH≫ 
 

本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

livedoor RECYCLE



古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】






テーマ:ノンフィクション - ジャンル:本・雑誌

ノンフィクション | 14:53:17 | Trackback(0) | Comments(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad