■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
天才的嗅覚をもった男の純粋な企み 映画「パフューム」
ああ・・・・。

うーん・・・。

観終わったあと、しばらくシートにとどまって余韻を楽しみたい映画、たったいま終わった物語を頭の中でじっくり考え直したくなる映画。

この映画は、とにかくそんな、何ともずしんと深く心にくる映画でした。
監督は、「ラン、ローラ、ラン」のトム・ティクヴァ


ということで映画

パフューム

の感想です。
intro2.jpg


観たいと思った方。ごめんなさい。
公開は来年の3月らしいです。
3ヵ月以上先に観られるなんて、なんともいえない優越感です。
しかも、作品がすばらしかったからその思いもひとしお。
(ちなみにシネシティフェスティバルという映画際で特別上映されたので、そこで観ました)

この映画、観ようと思う人はあまり知識がないほうが楽しめると思います。
ネタバレを覚悟の上、このブログをご覧ください。

一言で言えば、最高の変態の純粋にしてまっすぐな思いを実現しようとする話。

公式HPを見ればその企みは大体想像つくのだが、変質者のようなギトギトと脂ぎった変態じゃないから、計画を実行しているときでもなんとも普通に淡々と作業をこなす。

あらゆる香りを嗅ぎ分ける能力を持った、ジョン・バティスト・グルヌイユ。
町で思わず後を着いて行ってしまったかぐわしいある“香り”をどうしても保存したいと考え、それこそが自分がこの世に生を受けた使命だと、その香りを保存しようとする。

常人には思いつかないこと、とてもできそうもないこと、倫理的に、反社会的に・・。
しかし、ジョン・バティストにはそんなことは関係ない。
自分の純粋な企みを阻むものは何もないのだ。

intro1.jpg


文学的な内容だが、まったく飽きずに二時間以上。
もう、スクリーンに釘付け。
謎めいていて、薄暗くて、薄汚いパリの街。
観客の興味を捕らえて離さずラストまで引っ張っていくようでした。

結末は必見なのだが、とにかく、唖然とする。

滑稽だと最初思ったが、大衆の愚かさ、熱狂振りを皮肉っていてみにつまされる。
目先のことや、見た目なんかにだまされる多くの人間の様。

それから、人生をかけて追い求めてきた計画を完了したときに感じる想いとは・・・。
(かくも空しいものなのか)
人生とはなにか・・。

哲学的なことまで考えてしまいました。

香りとその効果、また人生について考えさせられる一作です。
スポンサーサイト


テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

映画 | 17:35:41 | Trackback(7) | Comments(8)
コメント
どうも!はじめまして!
コメントありがとうございました。

タウムさんもシネフェスでご覧になったんですねぇ。
空いているのに、所々密集して変な感じでしたね(笑)

まさしく「最高の変態映画」でしたねぇ。
「究極の香水」の効力が発揮されるシーンは・・・すごかった(苦笑)
すこしひきました・・・
でも本当に飽きさせなかったですね。
LiLicoさんが上映時間を言った時点で、寝不足だったので「90%の確立で寝る」と思いましたが、本当に世界観に引き込まれましたね。

何より来年3月公開の作品を観れたってのが嬉しいですよね(笑)
2006-11-26 日 19:33:49 | URL | ジグソー [編集]
TBありがとうございました。
「香り」の描写の映像化なんて無理じゃないかと思っていましたが、
見事でした。スクリーンから匂いが感じられる演出がすばらしかったです。

また遊びに来ます。
2006-11-26 日 23:06:57 | URL | rivarisaia [編集]
臭覚
はじめまして。
TB&コメントをありがとうございました。
原作を知らなかったので、余計に結末が予想外でした。
これはある意味すごいラストですね~
圧巻でした。公開されたらもう一度見るかと思います。
2006-11-26 日 23:33:54 | URL | charlotte [編集]
香水
コメントありがとうございました。見事な評論ですね。
私は直前にワインを飲みすぎたのが祟って、何度か睡魔に襲われ、折角の貴重な機会をふいにした感じで、忸怩たる思いです。それでも事前に原作を読んでいたのでストーリーは追えましたが、映像を堪能するところまでは。来年3月再度見るつもりです。
2006-11-28 火 09:26:46 | URL | ぐらっぱ亭( ̄ー ̄) [編集]
タウムさん、ブログにメッセージいただきありがとうございました!ちょっと時間あったので、訪問させていただきました。

すごく充実したブログですね!
私もこの作品が凄く気にいって、久しぶりにブログを更新してしまったほどです。早く皆さんに観て欲しいな、と思いつつもあまり内容書き込んでしまうと、せっかくの衝撃感が薄れるのではと思いl、感想書くってほんと難しいですね。でもタウムさんの感想は期待感煽る素晴らしい文章でした!また来ます。
2006-11-28 火 16:33:36 | URL | リサ [編集]
ありがとうございました
こんばんは。はじめまして。
コメント&TB、ありがとうございました。

映画の感想をどう書いていいかわからず、
自分のブログにはあんなコメントしか書けなかったんですが
タウムさんの感想を読んで、「そうなのよ!」と
とても納得しました。

原作は読んだ事がないので、ぜひ読んでみたいと思ってます。

2006-11-29 水 01:59:22 | URL | [編集]
コメント ありがとうございます
>ジグソーさん

ほんとに素晴らしかったです。
こんなに早く観られるなんて、確かに得した気分です。

>rivarisaia さん

香りの表現は、相当苦労したんでしょうね。
微妙な画面の加工とか、さまざまな工夫がありました。

>charlotteさん

おっしゃるとおり、圧巻でした。
俺ももう一度、観たいです。

>ぐらっぱ亭( ̄ー ̄) さん

原作は未読なので、今度は原作の世界にどっぷりはまりたいと思います。

>リサさん

感想を書くのは難しいです。ほんと・・・。
思いを冷静に言葉に置き換える作業は余程のテクが必要ですよ。
このブログでも、書きたいことがうまく表現できずに何度も自分がいやになりました。
でも、こんな素晴らしい映画を観ると、すぐに伝えたくなってしまいます。

>楓さん

俺もまだ原作はよんでないので、必ず読もうって思いました。
文章がどんな風に香りを表現するのか・・・。
楽しみです。
2006-11-29 水 22:12:02 | URL | タウム [編集]
コメントありがとうございます。
タウムさん、私のブログの「ディパーテッド」の記事にコメントくださりありがとうございました。
私もTOKYOシネフェスでの『パフューム』を観賞予定でしたが、土曜出社の日で運悪く残業が入ってしまい、残念ながら新宿ミラノに行くことが出来ませんでした(*_*)。
『パフューム』は3月公開なのですね。待ちきれませんが、公開を楽しみにしたいと思います。
2006-12-04 月 02:37:33 | URL | 栄華な夢ゴコチ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「パフューム-ある人殺しの物語-」
「パフューム-ある人殺しの物語-」(2006)<それは、昨日まで人だったもの。>11/25新宿ミラノ1での東京国際シネシティフェスティバル2006にて観賞introduction監督/共同脚本/音楽:トム・ティクヴァcastベン・ウィショー、レイチェル・.... 2006-11-26 Sun 19:34:38 | ジグソーのオレデミーアワード日記
圧巻! 「パフューム-ある人殺しの物語-」
評価:80点 2006-11-26 Sun 23:24:31 | 平気の平左
パフューム
シネフェスにて…公式サイトベン・ウィショー(ジャン=バティスト・グルヌイユ)レイチェル・ハード=ウッド(ローラ)アラン・リックマン(リシ)ダスティン・ホフマン(ジュゼッペ・バルディーニ)ストーリー18世紀、フランス。類稀なる才能を持つ1人の孤児がいた。彼の 2006-11-26 Sun 23:30:25 | シャーロットの涙
2007年に観たい映画;1
 こういう映画が公開されるらしいPERFUME:   THE STORY OF A MURDERER 2006-11-28 Tue 01:13:32 | 悠雅的生活
芸術的で怪しさ万点!!『パフューム-ある人殺しの物語-』
久し振りにblog更新しようと思ったらなんだか書き難い・・・休みすぎて学校行きづらいようなそんな気分。お久し振りです、リサです。もうすっかり秋ですね。さて、先日遂に『パフューム-ある人殺しの物語-』の完成披露が行なわれたんですが、なんと立ち見が出たほ.... 2006-11-28 Tue 16:24:02 | OL4人娘の映画ブログ
パフューム (試写鑑賞)
= Perfume : The story of a murderer =今年1本目で試写が最初の作品'''『パフューム』'''てっきり漫画『ギャラリーフェイク(Gallery Fake) 』(細野不二彦)に出てくる「ジャン・ポール・香本」の様な鼻(ネ)を持つ男が「香水」に関係する事件を解 2007-03-02 Fri 22:36:32 | 映画感染記
「パフューム ―ある人殺しの物語―」
3月3日より公開される映画「パフューム ?ある人殺しの物語?」の試写。世界45カ国で1500万部を売り上げたパトリック・ジュースキント作「香水 ある人殺しの物語」の映画化作品。監督はトム・ティクヴァ。出演はベン・ウィショー、アラン・リックマン、レイチェル・ハード 2007-03-03 Sat 03:13:58 | やまたくの音吐朗々Diary

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。