■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
論理よりも情緒 経済よりも伝統 藤原正彦著「国家の品格」
ブームはとっくに去った感じのするこの本。

話題が先行していて、著者のインタビューをテレビで何度か観て、書かれている内容は大体知っていたけど、まぁとりあえず読んでみました。

ということで、藤原正彦

国家の品格

の感想です。

国家の品格 国家の品格
藤原 正彦 (2005/11)
新潮社
この商品の詳細を見る


この本は講演をもとにしているから、語り調ですごく読みやすい。
また、内容も決して薄いわけではないのだが、難しいことを易しく言っているのでわかりやすい。

数学者の著者が、論理よりも情緒のほうが大事だという、この矛盾。
だからこそ、逆に、その主張に説得力がある。

自身を失った日本人の魂を慰撫する昨今のブームにのった安易な本だ。
という批判が聞こえてきそうだが、読んでみると著者の話の一つ一つにいちいち納得。そして、日本人としての自信が湧いてくる。

ただこの本がもてはやされるというのは、この全面的正論な本が現代日本からは珍しい考え、一般にはだれもできそうもない提言だからだと考えてしまう。
西洋合理主義や市場原理主義に大きく踏み出した日本は、もう後ろには戻れないから、せめても、日本的な考えでもよんで記憶に留めておこうということなのだとしたらすごく寂しいし、早晩、日本は破滅する。
(厳しい人は、現代日本は破滅の最終段階に達していると言っていたりするけど・・・)

著者の細かな現代日本への提言は、本当に素晴らしいと思う。

小学校の安易な英語の授業
アメリカにかぶれた政治経済
自国文化を守ろうとしない社会

それは、よく考えると普通のことなんだよなぁ。
その普通のことさえも通用しない異常な現代日本。
人間が考えて理屈に合っているからと行って、すべて正しいわけではない。人間が自然よりも優れているというこの西洋かぶれの傲慢な考え。
人間が思いつく事なんてたかが知れている。
それよりも長らく続いてきたものを守るほうが大事だ。
なぜかと問い直して、理由を見つからなければ不必要だとするのは浅はかな人間なのだ。
考えてみれば、ますますアメリカのような殺伐とした社会になった気がする。
郵政民営化、規制緩和、小さい政府・・
小泉、竹中がやったことは単純にアメリカにかぶれた政策で、アメリカの要求どおりにしただけのこと。郷土や伝統なんと露ほども考えてないね。
それを支持したのは、ほかならぬ現代の多くの日本人なんだけど・・。


論理よりも情緒。

情緒を重要視すれば、世界に誇れる独自の文明を持つ日本に戻れるのではないか。

まさにおっしゃるとおり。

この人のいう事が少しでも現実になればいいのに。

売れているわりには、しっかりした内容があるし、面白いエピソードや著者独特の視点がほんとに新鮮。


自身を失った日本人に喝を入れ、無責任な西洋化を糾弾する一冊です。

ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓


読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

本・CD・DVDを売ってみませんか?高価買取なら livedoor?リサイクル


レンタルなんて面倒くさいという方。家に居ながら好きな映画が観られます。
<★ 映画もアニメも、格闘技も ★>見たい作品は、見たい時に見る!

【PCがあればそこが映画館♪】
レンタルビデオに行くよりお得っ!映画を月2本525円で視聴!シネマナウへGo! 



格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード
スポンサーサイト


テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

新書 | 21:04:17 | Trackback(1) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

国家の品格
 品格。国語辞典をひくと「節操の堅さ。見識の高さや態度のりっぱさ、姿の美しさなどから総合的に判断される、すぐれた人間性」とある。なるほど、最近テレビをつけると品格のない大人たちが続出で、さすがの日本人も嫌気がさしているのかも。だからこの本が売れているのだ 2006-12-16 Sat 22:24:07 | 響の言葉

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。