■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
よく生きるための死  「海を飛ぶ夢」
スペインの鬼才、アレハンドロ・アメナバールが監督した

海を飛ぶ夢」。
あなたはもう御覧になっただろうか。
もしまだなら、今すぐレンタルビデオ屋へゴー!!!!

海を飛ぶ夢 海を飛ぶ夢
ハビエル・バルデム、ベレン・ルエダ 他 (2005/10/05)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る
               
 
公開時から、絶賛され、ずっと観たいと思っていましたが、とうとう観ることができました。

いやー、すばらしいの一言に尽きるよ。

首の骨を折って、四肢麻痺の男が尊厳死を求めて裁判を起こす。
家族、弁護士、友人、ボランティアの人間。
尊厳死や障害者に対するいろんな思いが描かれていきます。

暗い話になりがちな内容だが、主人公の男が明るく、笑える場面も結構ある。
空を飛ぶシーンは本当に美しく、心を奪われる。

首から下が動かなくなったらとしたら、やはり、普通、絶望するだろう。こんな体になってこの先、生きていくことはできない。
たとえそう願ったとしても自分で死ぬこともできない。
人間の生死は神だけが判断できる。
そう男に説教する神父の言葉は、むなしく響く。

友人に「自分を殺してほしい」と頼まれたらあなたならどうするだろうか。なんと、友人に言葉をかけるだろうか。

生きるっていったい何なんだ・・・
人生って価値があるのか・・・

いろんなことを考えさせられます。

同監督作、「アザーズ」でがっかりした人も、ぜひ、御覧ください

ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 映画ブログへ

読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ
格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード




スポンサーサイト


テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

DVD | 17:10:35 | Trackback(2) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

海を飛ぶ夢☆独り言
評判がいい『海を飛ぶ夢』は、尊厳死を扱ったもの・・・ということで猫は少し躊躇していた感じがあります。数年前に身内の死を体験したとき、不自由になったからだを彼女はどう思っていたのか。そして、生きるってことに対して彼女はどう思っていたのか。活発な女... 2006-06-14 Wed 08:29:44 | 黒猫のうたた寝
海を飛ぶ夢
最近、友人にオススメ映画を聞きまくっている。OL一年生の彼女に聞いたら「この映画はどうでしょう?」。感動モノの鳴り物映画としてレンタルビデオ屋でよく観かけたがそういう作品は外れることが多いので避けていた映画です。でもせっかくなので。DVDで鑑賞。ラモ 2006-06-18 Sun 12:53:33 | 映画、言いたい放題!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。