■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
失恋の苦い思い出を消し去ることができたなら・・・ 映画「エターナル・サンシャイン」
2005年のアカデミー脚本賞を受賞した本作。
公開時は、通(?)の間で結構、評判になった作品であります。

だいぶ時間は経ちましたが、それだけに冷静に観ることができたので今日はその感想を・・・。

映画「エターナル・サンシャイン」

エターナルサンシャイン DTSスペシャル・エディション エターナルサンシャイン DTSスペシャル・エディション
ジム・キャリー (2006/10/27)
ハピネット・ピクチャーズ
この商品の詳細を見る


「マルコヴィッチの穴」のぶっ飛んだ脚本でハリウッドの話題の中心になったカウフマン。
この人の脚本にはスターがこぞって出演したがるそうで、この作品にも地味な作品ながら有名どころがでています。

主演は、ジム・キャリーとケイト・ウィンスレット。
脇には、イライジャ・ウッドとキルステン・ダンスト。

キルステン・ダンストって結構いろんなのに出てるよね。
スパイダーマンの物議をかもしたヒロイン役から、最近だと、まったくの駄作、「エリザベスタウン」とか・・・。

あまり美人じゃないし、それほど演技もうまいと思えないんだけど・・・。
こんなに順調にキャリアを重ねているのは、何か特別な理由でもあるのかね。不思議・・・・。

作品の内容は、付き合い始めて、倦怠期を迎えたカップル。ある日、女の職場に男がたずねて行くとまったくシカトをされる。
わけが分からない男はやがて女が自分と付き合っていた記憶のすべてを消してしまったことに気づく。

それなら俺だってと、男のほうも業者に頼んで、女の記憶を消そうとするのだが・・・。

単純にロマンチックな感じではなく、かなりマニアックな雰囲気の映画だ。やはり、カウフマンの映画っぽい。
もっと明るく描いたらもっとヒットしたかも・・・。それはないか・・。

構成も入り組んでいて、最初と最後がつながるようにできている。

恋愛のせつなさ、つらさ、わずらわしさに押しつぶされるとき、その記憶をけせたらと誰もが一度は思うかも知れない。
でも、実際、消したらやはり人にとってはマイナスになるんだろうと思う。
いやなことも含めて、人生って事で・・。

このカップルが美男美女じゃなくて、さえない二人っていうのがなんともリアル。
そこが、マニアックな原因だな。

それから、伏線として記憶を消す業者の人間達のことも描いている。
ラストは、ちょっと意外な真相が分かったりして、さすが、一筋縄ではいかない脚本家らしい。

きらびやかな恋愛と甘酸っぱい恋愛の単純な映画じゃなくて、人生のリアルな日常を掬い取っているんだな・・。

観ていて連想したのは、同じようなSFチックな内容で邦画の「世にも奇妙な物語 結婚シミュレイター」て作品。

世にも奇妙な物語 映画の特別編 世にも奇妙な物語 映画の特別編
タモリ (2003/06/18)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る


結婚を決めた二人が式の段取りを打ちあわせているときに、二人の今後をシミュレイトする機械に入って未来を体験するという話。

二人の結婚生活がバーチャルで体験できて、結局、未来で二人は離婚をしてしまう。

その機械から出てきた二人は、未来の互いの冷え切った結婚生活の姿を見て、結婚を取りやめるという話なのだが・・・。

今回の作品のようなマニアックさはなく、美男美女のさわやかさとストレートなせつなさにしびれた名作だった。

どっちかっていうとこの作品のほうが自分的には好きだったな。
(オススメですのでぜひ観てみてください。せつないよー)

恋愛のせつなさとつらさを存分に味わえる一作です。

ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓


読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

本・CD・DVDを売ってみませんか?高価買取なら livedoor?リサイクル


レンタルなんて面倒くさいという方。家に居ながら好きな映画が観られます。
<★ 映画もアニメも、格闘技も ★>見たい作品は、見たい時に見る!

【PCがあればそこが映画館♪】
レンタルビデオに行くよりお得っ!映画を月2本525円で視聴!シネマナウへGo! 



格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード
スポンサーサイト


テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

DVD | 01:04:52 | Trackback(4) | Comments(6)
コメント
TB返し。
私もTB貼らせてもらいました。
一筋縄ではいかない脚本大好きです。

2006-10-09 月 01:47:51 | URL | apricot [編集]
コメント ありがとうございます
>apricotさん

TBありがとうございます。
この後もこの脚本家に注目ですね・・・。
2006-10-09 月 09:50:20 | URL | タウム [編集]
TBありがとうございました
キルスティン・ダンストについて、私も同じこと考えていました。
なぜハリウッドで人気があるのか不思議です。
2006-10-09 月 10:43:43 | URL | shake [編集]
こんばんわ。
TB&コメントありがとうございました。
最初は戸惑ったんですけど、途中からグッと引き込まれました。
>世にも奇妙な物語
短編ながら切ないお話多いですよね。
DVD見つけたら見てみます!
2006-10-09 月 22:28:07 | URL | PINOKIO [編集]
こんにちは☆
トラックバック&コメントありがとうございました。

カウフマン脚本ということで、今回もマニアック路線なのかなぁと構えてただけに、ちょっとだけ肩透かしを食らってしまいましたよ(笑)

皆さんのレビュー読んでると、結構高評価の方が多いみたいですね。

私は、もうちょっとマニアック度が高めでも良かったかなぁと。
カウフマンだし(笑)

世にも奇妙な~は欠かさず観てるドラマの一つです。
確かに、そんな話もありましたね。
泣いた記憶があります。

キルスティン・ダンストが一番キレイだったのは「ヴァージン・スーサイズ」の時かな。
今は、なんだかちょっと・・・(汗)

「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」の時のキルスティンも可愛かったですよ。
彼女、意外にキャリア長いんですよね。
2006-10-11 水 10:15:05 | URL | マイコ [編集]
コメント ありがとうございます
>shakeさん

本当に不思議ですね。
この先も出演作はたくさんあるのでしょうか・・・。

> PINOKIO さん

いつもありがとうございます。
日課のように PINOKIO さんのブログをチェックしています。
多いに参考にさせていただいております。

>マイコさん

キルステン・ダンスト
「ヴァージン・スーサイズ」は知ってましたが、「インタビュー・ウィズ・バンパイヤ」は知りませんでした。
たいかにキャリアが長いですね・・。
2006-10-12 木 00:11:24 | URL | タウム [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

DVD 『エターナルサンシャイン』
この映画、正直あまり期待してなかった。記憶を故意に失うという内容なのだと単に思ってたから。でもこの映画、めちゃ良かった。最初のほうは「ん?」って感じでよくわからない感じだったけど最後にパズルがピタッとはまる感じでストーリーが進んでいくんだよね。とても内容 2006-10-09 Mon 01:32:21 | Dimple's Star
エターナル・サンシャイン
エターナル・サンシャイン DTSスペシャル・エディション2004年度・米・107分ETERNAL SUNSHINE OF THE SPOTLESS MIND■監督:ミシェル・ゴンドリー■脚本:チャーリー・カウフマン(マルコヴィッチの穴)■出演:ジム・キャリー/ケイト・ウィンスレット/キルスティ.... 2006-10-09 Mon 10:44:28 | シェイクで乾杯!
映画『エターナル・サンシャイン』
原題:Eternal Sunshine of the Spotless Mind確かに、ある特定の記憶を消してしまいたいことはある。・・だけど、例え失恋といえども恋の記憶は決して消してしまいたいなどと思ったことはない。 電車での出会いは、ジョエル・バリッシュ(ジム・キャリー)とクレメンタイン 2006-10-09 Mon 12:29:14 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
エターナル・サンシャイン
別れた恋人が人為的に記憶を消したことを知り、ジョエルも同様の処置を受けるためラ... 2006-10-09 Mon 22:26:31 | 映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。