■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

自分の存在がつかめない少女達  藤原新也著「渋谷」
各方面で話題となっているこの本。
著者のことはまったく知らなかったが、とりあえず読みましたので、今日はその感想を・・・。

藤原新也渋谷

渋谷 渋谷
藤原 新也 (2006/06/01)
東京書籍
この商品の詳細を見る


この本がどういう本なのか、一言で言うのは難しい。

著者の職業は、カメラマンだ。

この本には、3人の女が登場してくる。

著者が仕事で少女を撮影することになり、一般の少女にモデルの募集をして、そのオーディションを兼ねた面接で出会った少女。

渋谷の交差点で見かけた、母親を罵倒していた少女。

自身のHPに載せた、電車に座り込んでいる少女達の写真にメールをくれた、かつて援助交際をしていたもと少女。


日本の社会がこれほど豊かになっても、幼い少女達はそれぞれ胸を痛める問題を抱えている。

この本に出てぃり少女達は、母親との関係や母の愛情を確認できずに満たされない想いを抱いている。

行動や着る物などすべて母に決められていた少女。
大学教授の娘というイメージを崩さないように、優等生を演じていた少女。
子育てをほぼひとりで背負い、すべて責任を負う現在の核家族の中の母。
その社会が、いかに不幸な親子関係をもたらすか、能力以上に子育ての責任を母親に押し付けているかを訴えている。

還暦を過ぎた著者が少女達を観察して、現代の社会や家族の問題やひずみを考えているのだか、どうしても行間にエロオヤジのスケベ心が透けて見えてしまった。
しかし、そんな邪なことだけではなくちゃんと問題の奥を考察しているところはさすが評価されているだけある。

まず、核家族の問題点。
昔の第一次産業時代の大家族では、子育ての負担は母親だけでなく、祖父母、伯父伯母、親戚などに分散されていたが、企業社会になり、核家族が増えると、子育ての負担が母親に集中し、母親は一人孤独に、子供を育てなければならない。

それから、写真を撮る行為で多くの少女達が見違えるように生気を取り戻したという事実。
撮影という行為を見事に定義してそれに答えている。

「写真を撮るという行為はいまの姿にスポットを当て、彼女たちの存在を肯定する行為であるとともに、一切の社会的約束事を排除する行為でもある。そこにあるまなざしは、彼女らの生まれ、育ち、性格、学歴や成績、そして彼女が何歳であり、どのような名前を持つのか、という基本情報すら必要としていない。ただひたすら目の前にあるものの本来の姿を見つめ、引き出そうとするある意味非社会的なまなざしである」

「撮影という行為は撮られる人にスポットを当て、世界の中心に立たせる行為である。
写真とは文章や絵といったほかのメディアと異なって目の前にある“いま”を写しとり、表現するメディアだ。つまり写真行為とは被写体となる人の“今現在の姿を肯定する”行為である」



それから、幼児虐待とともに問題となっているネグレクト(育児放棄)。
これは、場合によっては虐待より子供に深い傷を負わせるらしい。
虐待は、子供達に暴力をふるうが、子供の存在を認めた上での行為だ。
「負の愛情」といえる。しかし、ネグレクトは、完全にほったらかしにされ、存在さえも認めてもらえないからだ。

現代の都市の抱える問題を、いろんな形であらわしている。
いろんなことを考えさせられたな。でも、読みやすく平易な文章だ。
著者の社会や若者に向けるまなざしの繊細さに、感動する一冊です。
ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓


読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

本・CD・DVDを売ってみませんか?高価買取なら livedoor?リサイクル


レンタルなんて面倒くさいという方。家に居ながら好きな映画が観られます。
<★ 映画もアニメも、格闘技も ★>見たい作品は、見たい時に見る!

【PCがあればそこが映画館♪】
レンタルビデオに行くよりお得っ!映画を月2本525円で視聴!シネマナウへGo! 



格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード
スポンサーサイト


テーマ:ノンフィクション - ジャンル:本・雑誌

ノンフィクション | 20:52:17 | Trackback(2) | Comments(4)
コメント
TBありがとうございます。
おそらく20年前ならエロオヤジと思われても仕方がない行動のようにも思えます。
がしかし、20年前に少女を撮るのを断念し少年を撮った作者の思いを感じました。

タウムさんが引用されていた
>写真行為とは被写体となる人の“今現在の姿を肯定する”行為である
という言葉は写真を長年続けて来た著者だからこそ言える発言だと改めて思いました。
2006-09-11 月 22:25:51 | URL | megawatt [編集]
アクセスランキング参加のお願い♪
はじめまして♪
突然のコメント失礼します。
FC2ブログランキング様のサイトからコメントさせて頂いています。
私、『コミュニティサイトモンモン』サイト運営 担当の西山と申します。
貴方様のサイトを拝見させて頂き大変よく、出来ていると感じました。
当サイトの『アクセスランキング』サイトに是非、参加お願いして
頂きたくて書き込みさせて頂きました。

初めての方にも安心して、参加して頂いています。
是非!参加お待ちしています。

☆参加はこちら☆
↓ ↓ ↓
http://www.link-jp.com/sr3_links/sr3_links.cgi?user=2518monmon

ご検討のほど、よろしくお願い申し上げます。

サイト名 :コミュニティサイトモンモン
サイト運営 担当 西山
2006-09-12 火 17:17:04 | URL | コミュニティサイトモンモン [編集]
先日はどうもありがとうございました。
早速、参加させていただきます!
私も本を読むのが好きなので、このページをみるのが楽しいです。
2006-09-12 火 19:06:49 | URL | Humのあきです☆ [編集]
コメントありがとうございます
>megawattさん

著者の本はこれが初めてなんで、これから「東京漂流」なんかをよんでみようと思います。
2006-09-13 水 22:27:53 | URL | タウム [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

渋谷 / 藤原新也
「何、この色、スゲーな。きっとホワイトバランス間違えたんだぜ、あ、それは俺か、ハハ」、昨夜、家人が藤原新也著「渋谷」に挿入されているカラー写真のページを見て発した言葉。それにつられて私もチラッと見る。藤原新也らしからぬ配色に謎を感じるものの、それだけに留 2006-09-11 Mon 22:11:04 | メガ放談
花の宇宙―Michio’s Northern Dreams〈6〉
この本を友達からプレゼンとされました。わたしは、どちらかというと言葉に感動するタイプなので、他の人がいいという写真を見てもピンとこないことが多いのですが、『花の宇宙』を見たとき、ほんとうに、写真から自然への愛が伝わってきました。写真からメッセージを感じ... 2007-10-01 Mon 11:35:32 | まことの部屋

FC2Ad