■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
原爆が残した傷跡  こうの史代「夕凪の街桜の国」
わしズムの最新号の巻頭に、この作者の漫画が載っていて、なんとも独特の作風に興味をもち、評判のこの本を読んでみました。

ということで、今日は

こうの史代夕凪の街桜の国の感想を

夕凪の街桜の国 夕凪の街桜の国
こうの 史代 (2004/10)
双葉社
この商品の詳細を見る


著者の出身地である広島。

原爆が広島とそこに住む人々にもたらした有形無形の傷跡を描いている。

原爆の被害がやっとすこしだけ遠ざかったと思わせるような戦後の平和な広島。
会社に働き、貧しいながらも倹しく生活して、やがて恋をする年頃の女性。
しかし、多くの人々が、川で、道で、死体となって転がっていたことを思い出し、自分だけこんなに幸せになってもいいのかと自分を責める。

やがて、自らも体調を崩し、血をはき、臥せるようになる。そして体力が落ちて、気力がなくなり、死んでいく。

直後に死ぬひとばかりではなく、じわじわと、放射能の影響で数年後や数十年後に死ぬ人々。

原子爆弾の恐ろしさを実感させる。

ラストの、登場人物が死を覚悟した言葉が胸に突き刺さる。

「十年経ったけど
 原爆を落とした人はわたしを見て
 『やった!またひとり殺せた』
 とちゃんと思うてくれとる?」


目に見えない放射能は、ゆっくりと人々の体を蝕むのだ。
恋をしていようと・・。
これからの人生に希望を見出していようと・・・。
容赦なく。


こんな理不尽なことに、この本の登場人物たちは、声をあげて叫んだり、喚いたりしない。
静かにそれを受け止め、自分の中で消化して乗り越えようとする。
その姿に、また感動するのだ。

それは、本来もつ日本人らしさだと思ってしまう。
ゆっくりと悲しみを受け入れる。当時の多くのの日本人はやはりそうしたのではないだろうか。

とてつもない大きな悲しみの上に今の日本が成り立っているのだ。

それを考えると、決して必要なかった原爆投下をした、アメリカにむしょうに腹が立つ。
腹の底から憎しみが湧き出してくる。

この憎しみは、原爆を落とされた国の人間として、当然、礼儀としてわきまえるべき感情だと思うんだ。

多くの犠牲の上に成り立っているこの国の平和に改めて感謝したい。
ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓


読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

本・CD・DVDを売ってみませんか?高価買取なら livedoor?リサイクル


レンタルなんて面倒くさいという方。家に居ながら好きな映画が観られます。
<★ 映画もアニメも、格闘技も ★>見たい作品は、見たい時に見る!

【PCがあればそこが映画館♪】
レンタルビデオに行くよりお得っ!映画を月2本525円で視聴!シネマナウへGo! 



格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード
スポンサーサイト


テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

漫画 | 14:20:00 | Trackback(1) | Comments(2)
コメント
はじめまして
こんばんは。
「”ほん”とうに”ほっ”とする本を読もう」にコメントを下さり、ありがとうございました。
この作品、タウムさんも引用していらっしゃいますが最後のセリフが、突き刺さりますね。とりわけ、この時期にはもしかして、原爆を落としたことすら忘れていた人もいたのではないかと思うと・・・。
2006-09-17 日 22:15:09 | URL | あやめ [編集]
コメント ありがとうございます
>あやめさん

原爆の傷は今でも確実に残っていますね・・・。
それを、あらためて思い知らされました。
2006-09-18 月 09:55:13 | URL | タウム [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「夕凪の街 桜の国」を読んで
今年の3月くらいに「夕凪の街 桜の国」(こうの史代/著 双葉社)というマンガを読みました。メディア芸術祭のマンガ部門大賞受賞されたマンガです。本屋で目にとまり気になって買いました。「夕凪の街」は、ヒロシマの原爆投下のあとの、戦争直後、被爆した一人の女性... 2006-12-21 Thu 22:35:05 | NOPOBLOG

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。