■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

類まれな頭脳の持ち主と抜けてる有閑青年 P・Gウッドハウス著「ジーヴズの事件簿」
またまた出ましたジーヴスもの。
(ここでは、ジーヴズではなくジーヴスと書かせていただきます。)

生活を豊かにして、心の潤滑油となりうる極上のエンターテイメントのウッドハウス作品。

ということで、P・Gウッドハウス
ジーヴズの事件簿」の感想です。




ジーヴズの事件簿 P・G・ウッドハウス選集1 ジーヴズの事件簿 P・G・ウッドハウス選集1
P.G.ウッドハウス (2005/05/27)
文藝春秋
この商品の詳細を見る





有閑青年でちょっとぬけているバーティ、そして、その優秀な執事ジーヴス。

会社の仕事に行き詰ったサラリーマンの方、売り上げが伸びない自営業の方、借金の返済に困っている方々・・・。
つらい現実をちょっと忘れてみたいと思いませんか。
そんな時はぜひともこの本を読んでください。
面白いんです。笑えます。ほんとにオススメです。
 
登場する人物が個性的なんだけど、なんとも魅力的。

ブラブラしている甥を心配して縁談や仕事の話を持ち込んでくる伯母のアガサ。
惚れっぽくて、次々と恋愛話をバーティに相談にくるビンゴ。
悪巧みでバーティーに後始末を押し付ける従兄弟の双子、クロードとユースタス。

そんな人たちが巻き起こす問題や悶着事が縺れてどうしようもなくなったときにジーヴスが出てきて、すっきりと解決してしまう。

本を読んでいて笑うってこと、まずないでしょ。
でも、この著者の本は笑いが漏れることは保証付です。
だって、世界中で読み継がれている名著なんですから・・・。

ほんと、ぜひ手にとって読んでください。
この馬鹿馬鹿しい世界。
なんども読み返したい巧みな表現。

素晴らしいよ。素晴らしすぎるよ。
ほんと楽しめます。





ジーヴズの事件簿 (P・G・ウッドハウス選集 1)
  • P.G.ウッドハウス
  • 文藝春秋
  • 2900円
Amazonで購入




ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ


読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはありませんか?
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

livedoor RECYCLE


古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】




スポンサーサイト


テーマ:オススメ本 - ジャンル:小説・文学

ウッドハウス | 20:38:58 | Trackback(1) | Comments(2)
コメント
こんにちは。
これはいいですよね~。ほんと、くだらない事でくよくよ悩んでる時や、元気が出ない時に読むと、不思議と嫌な感じがふっ切れるというか、とにかくいいです。
人にすすめたりしてるんですが、見た目が厚いので、それだけで敬遠されちゃったりしてます。読んだら軽いのに~~~。
こことは違う出版社からでてるシリーズも、最初は収録作品がかぶっていたのでどうしようか?と思いましたが、結局買い溜めてます(笑)
TBおねがいします。
2006-10-02 月 12:31:46 | URL | まみりん [編集]
コメント ありがとうございます
この本ではないですが、エムズワース卿ものを友達に勧めたら、大好評でした。
笑いのつぼが人によって違うのも話していて興味深かったです。

ほんとに多くの人に読んでほしいです。
2006-10-04 水 00:26:37 | URL | タウム [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ジーヴズの事件簿 P・G・ウッドハウス選集Ⅰ
■The Casebook of Jeeves (The Selected Works of Wodehouse VOL.1)■P・G・WODEHOUSE■文藝春秋  2005年5月30日■訳者:岩永 正勝+小山 太一最高に笑えます。これはジーブズ&ウースターものの短編集です。事件が起こるといっても、殺人事件とかそういう 2006-10-02 Mon 12:32:00 | だらだら読書

FC2Ad