■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

便利屋と居候  三浦しをん著「まほろ駅前多田便利軒」
森絵都さんと一緒に直木賞を受賞した著者。

今日はその受賞作の感想です。

三浦しをん

まほろ駅前多田便利軒


まほろ駅前多田便利軒 まほろ駅前多田便利軒
三浦 しをん (2006/03)
文藝春秋
この商品の詳細を見る


自分より年下の作家だよ。
なんかもうすごい年取ったって感じ・・。

高校野球の選手が気づけばとっくに年下だし。

さすがに直木賞ってことで話題になってた。

著者が王様のブランチの本のコーナーにも登場して、作品のエピソードなんかを話してたし・・・。
作品に登場する趣味の悪い内装の喫茶店でインタビューを受けてた。

まぁ、感の鋭い人ならもうご存知だと思うが、「ほほろ」という町は、
東京の町田をモデルにしている。
行ったことないけど、地理とか、駅周辺の描写なんかはほとんどそのまんまなんじゃないだうろうかと想像した。

まほろ駅前で便利屋を営む、多田。
高校の同級生の行天が家に転がりこんできて、便利屋を手伝い始める。

さて、肝心の内容ですが・・・。
何を語ればいいのかなぁ。

そうだなぁ・・、まぁ、一編の読み物
その一言に尽きます。

ちょっと期待しすぎたからか、面白くなかったです。
正直、これで直木賞?と思えるほど、薄味だった。

心を動かされる場面もなく、立ち止まって人生を考えさせるような記述もなく・・・。

んんん・・。

次回作に期待です。

ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓


読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

本・CD・DVDを売ってみませんか?高価買取なら livedoor?リサイクル


レンタルなんて面倒くさいという方。家に居ながら好きな映画が観られます。
<★ 映画もアニメも、格闘技も ★>見たい作品は、見たい時に見る!

【PCがあればそこが映画館♪】
レンタルビデオに行くよりお得っ!映画を月2本525円で視聴!シネマナウへGo! 



格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード
スポンサーサイト


テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

小説 | 22:46:41 | Trackback(8) | Comments(6)
コメント
TBありがとうございました。
私も、「王様のブランチ」で作者が趣味の悪い喫茶店でインタビュー受けてるのを見てました。それを見てから本書を読んだので、喫茶店の記述は「ああ、あそこか…」と内装が映像として浮かびました。
2006-08-31 木 23:22:47 | URL | たかとう [編集]
はじめまして。コメント&TBありがとうございます。
また、是非ご訪問ください♪
2006-09-01 金 01:54:14 | URL | AZUL [編集]
こんにちは!
コメント&トラバありがとうございました

この本、町田がモデルなのですか~
前に行ったことありますが、雪が降ってた時で辛い思い出しかないです(汗)
でも言われてみれば、雰囲気ありますね
2006-09-01 金 09:23:17 | URL | Ray [編集]
コメント ありがとうございます
>たかとうさん

俺も読んでて、「あっ、ここだ」って思いました。
ほんとそのままでした。

>AZULさん

また、お邪魔します。

>Rayさん

町田はまだ行ったことはないですが・・・。
著者の町田に対する愛情があふれていますね。
そう感じました。
2006-09-03 日 01:45:37 | URL | タウム [編集]
はじめまして、タウムさん。
TB、コメントありがとうございます。
東京の町田がモデルなんですか。
北に住んでいるので土地勘がなく想像つきませんでした。
しをんさん作品自体初読みだったのですが、
他の小説も読んでみようかと思っています。
2006-09-03 日 20:04:39 | URL | 雪芽 [編集]
コメント ありがとうございます
>雪芽さん

本人が町田でインタビューをうけていたので、間違いないですよ。
都心からちょっと離れた郊外の街です。
本にも書かれていましたが、都心に出るまでもなくほとんどのものはそろっていると思います。
行ったことないですけど・・・・。
2006-09-06 水 00:16:00 | URL | タウム [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

『まほろ駅前多田便利軒』三浦しをん
まほろ駅前多田便利軒三浦 しをん 文藝春秋 2006-03売り上げランキング : 518おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 東京のはずれに位置する“まほろ市”駅前にある便利屋「多田便利軒」を経営する多田はある年の冬、高校時代の同級生行天(ぎょうてん)と再会する 2006-08-31 Thu 23:15:31 | 今夜、地球の裏側で
「まほろ駅前多田便利軒」 by 三浦しをん
第135回直木賞受賞作です。 まほろ駅前多田便利軒作者: 三浦 しをん 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2006/03 メディア: 単行本おもしろかったです「絶対にバスが間引運行されておる!!」と運行状況をチェックさせられに、便利屋の多田が呼ばれると、バス停で高校時代の 2006-09-01 Fri 01:52:04 | 今日も無事に一日を過ごせたことに感謝!
まほろ駅前多田便利軒/三浦しをん
東京郊外のまほろ市を舞台にしたプチ「IWGP」に、BLテイストをまぶした第135回直木賞受賞作。近年は景気よくミステリを受け容れている直木賞、"萌え"にも寛容なところを見せたということでしょう。まほろ市のモデルは、著 2006-09-01 Fri 08:09:44 | 黒猫の隠れ処
まほろ駅前多田便利軒/三浦しをん
 お困りの節はお電話ください。 多田・行天コンビが迅速に解決いたします―。 東京のはずれに位置する“まほろ市”。この街の駅前でひっそり営まれる便利屋稼業。 今日の依頼人は何をもちこんでくるのか…。(「MARCデータベース」より)  この作品は今年の直木賞受賞 2006-09-01 Fri 09:19:53 | Crescent Moon
妄想キャスティング――三浦しをん【まほろ駅前多田便利軒】
これはもう妄想読書人ぱんどらのためにあるような小説。脳内DVDぐるんぐるん。なんでも請け負う「便利屋さん」の話。「便利軒」だからといってラーメン屋ではない。探偵とは違うので、ものすごい大事件は起こらない。 2006-09-01 Fri 10:46:09 | ぱんどら日記
三浦しをん まほろ駅前多田便利軒
まほろ駅前多田便利軒posted with 簡単リンクくん at 2006. 7.26三浦 しをん著文芸春秋 (2006.3)通常2-3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見るまほろ市で便利屋を営んでいる多田啓介は、年明けすぐの仕事の帰りに高校の同級生 行天春彦と出会う。い 2006-09-03 Sun 11:45:50 | マロンカフェ ~のんびり読書~
「まほろ駅前多田便利軒」 三浦しをん
まほろ駅前多田便利軒三浦 しをん東京のはずれにある“まほろ市”の駅前で、便利屋を営む多田啓介のもとには、代理見舞いからバスの運行調査に子供の送迎と雑多な依頼が飛び込んでくる。飛び込んでくるのはなにも仕事ばかりではなかった、人間までもが。偶然の再会が縁で居 2006-09-03 Sun 19:55:31 | コンパス・ローズ 
まほろ駅前多田便利軒(三浦しをん)
「まほろ駅前多田便利軒(三浦しをん)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =2006年9月6日収集... 2006-09-06 Wed 10:50:45 | ブログで情報収集!Blog-Headline/enjoy

FC2Ad