■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

近代の日本を小学生向けに解説 小熊英二著「日本という国」
NHK-BSの「週刊ブックレビュー」で紹介されていた本です。

番組を見て、興味が湧いたので読んでみました。
今日は、小熊英二著

日本という国」の感想です。

日本という国 日本という国
小熊 英二 (2006/04)
理論社
この商品の詳細を見る


この本は、理論社がだしている「よりみちパン!セ」というシリーズの一冊です。

そのシリーズの紹介文はこんな感じ・・・。

「学校でも家でも学べない、キミが知りたい、リアルでたいせつな知恵が満載!! まったく新しいYA(ヤングアダルト)新書の登場です。」

リアルでたいせつな知恵、しかも学校でも家でも学べないってそりゃ読まなきゃダメでしょ・・・。

ちなみにこのシリーズ、田口ランディやみうらじゅんなんかも執筆陣に名を連ねている。伏見憲明なんかは二冊も書いている。
どういう人選なのかね。
その道の専門家に知識を披露してもらっているというわけじゃないし・・。

さて、この本は第1部は「明治の日本のはじまり」と題して、福沢諭吉の考えを紹介しながら、日本がどうして近代化、西洋化しようとしたかを解説している。

正直、ここは勉強になるね。福沢諭吉の考えがあらためて理解できるし、すごく真っ当なことを言っていたと感心。

「なんで学校に行かなくてはいけないか」という子供が誰でも思う疑問にも答えている。

しかーし、第2部はちょっといただけないよ。

「戦後の日本の道のりと現代」

まぁ、東京裁判史観と同じような感覚で戦後を解説。

戦争を犯したA級戦犯を靖国神社が勝ってに合祀して、それに外国が反発している・・・とか。

戦後の日本はアメリカの後ろ盾でアジア諸外国に賠償を、やめてもらったり、やすくしてもらったりして、経済援助という形にしてもらい、日本の企業が儲かる様にした。
朝鮮戦争では、アメリカ軍への補給の特需で日本の景気が回復して、屈指の好景気をもたらした。

そこまではいいのだが、国家賠償があいまいなため、いまだに各国の戦争被害者からは、日本の補償を求めて裁判を起こされるなど、不満がまだ残っている。

その例として、「従軍慰安婦」を上げている。

いまや朝日新聞さえもその取り扱いに慎重になっている慰安婦問題。
日本が国家としてその被害者に賠償するべきかのような印象を与えている。

日本や日本軍が政策として、命令として慰安婦に関与した事実は一切否定されたのは、いまや、誰も知っていることなのに・・。

そして歴史教科書を「侵略」を「進出」に無理やり書き換えさせたかのように、微妙な問題を事実のように書いている。朝日新聞も誤報だと認めたことなのに・・・。あきれるよ。(詳しくはここ

歴史を伝えるのは、やはり、難しいことだと思う。

決まった理論や数式、実験によって導かれるものではないから・・。

基本的な考え方として、歴史は自分達の先祖が何を考え、どう行動したのか。
その当時の人たちの息遣いや体温を感じ取るべきだと思う。

もちろん、一方的な肩入れはダメだけど・・。
でも、今のこの安楽な時代から、当時の弱肉強食の帝国主義の吹き荒れる時代の日本とその政治家を批判しても無意味だと思うんだけどな。

やはりこの本は、日本人としての居心地の悪さを、戦争の日本の悪い部分を自ら告発することで解消しようとしている。

番組では、絶賛されていたけど、それほど読み応えはなかったな。

子供が読む本だから、大人ではもう通用しなくなった考えでもまだ使えるだろうとおもったら大間違いだよなぁ。

もっと、新しい見方や考えを教えてくれるかと期待したけど・・、もうちょっと新しい見方をしめしてくれるかと期待したんだけどなぁ。

ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓


読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

本・CD・DVDを売ってみませんか?高価買取なら livedoor?リサイクル


レンタルなんて面倒くさいという方。家に居ながら好きな映画が観られます。
<★ 映画もアニメも、格闘技も ★>見たい作品は、見たい時に見る!

【PCがあればそこが映画館♪】
レンタルビデオに行くよりお得っ!映画を月2本525円で視聴!シネマナウへGo! 



格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード

スポンサーサイト


テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

ノンフィクション | 11:30:24 | Trackback(1) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

日本という国
という本を読みました(^.^)本を開いて、まず、字が大きいコトにびっくり(>_ 2006-08-23 Wed 18:38:45 | ムックの日記

FC2Ad