■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
小池真理子原作の映像化 「欲望」
ネットの掲示板でちょっと話題になっていたので借りたんだけど・・。
おそらくほとんどの人が観てないだろう作品を今日はご紹介。

映画 「欲望」

欲望 欲望
板谷由夏 (2006/06/23)
バンダイビジュアル
この商品の詳細を見る


小池真理子の原作「欲望」は読んでいません。
映画化するぐらいだから、評判はいいんだろうね。
しかし、映画となると話は別だね。

図書館司書が、高校時代の同級生と再会して愛し合うが、そいつは不能者で真に交われない。しかし、女はそんな同級生をすべて受け入れようとする・・・・・。


やはり小説なら、読んでいて面白そうな題材かもしれないけど・・。
全編に漂う陳腐な雰囲気はどうにかならないもんかね・・・。

冒頭、最初のシーンはなにかというと、秋刀魚の塩焼きのアップですよ、奥さん。

欲望や官能の世界を期待してみたら、いきなり秋刀魚が出てきたよ。
欲望だから、食欲も描いてみましたってこと?
主人公の日常を描いているんだよって言いたいのかね。

出てくる俳優は、名のある人ばかりなんだけど、誰一人印象にのこらないのはどうしてだろう。

板谷由夏村上淳がセックスするけど、ぜんぜん、ジューンとしなかった。(←男なら沸きあがるあの感覚わかるよね)

二人とも、全裸で演じているけど何も感じないんだよね。
この監督、官能シーンを描くのは向いてないね。

必ず立ったスタイルから官能シーンが始まるんだよ。マンネリ・・・。
特別美しくもないし、かといって獣の交わりを描くってほど辛辣でもないし・・・・。

どこかにいい部分があるかも知れないけど・・・。
俺は見つけられませんでした。すいません。
日本映画の更なる奮闘に期待します。


ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓


読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

本・CD・DVDを売ってみませんか?高価買取なら livedoor?リサイクル


レンタルなんて面倒くさいという方。家に居ながら好きな映画が観られます。
<★ 映画もアニメも、格闘技も ★>見たい作品は、見たい時に見る!

【PCがあればそこが映画館♪】
レンタルビデオに行くよりお得っ!映画を月2本525円で視聴!シネマナウへGo! 



格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード


スポンサーサイト


テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

DVD | 20:35:39 | Trackback(2) | Comments(4)
コメント
TBありがとうございました。
あんな文章読んでいただいて、ありがたいやら申し訳ないやら…
要は、セックスは観る側を興奮させるために使われているのではないんだなあ、ということを書きたかったんです。
むしろ文学的な美を描こうとしていたんじゃないか、と思うんです。
2006-08-16 水 23:57:47 | URL | murkha [編集]
コメント ありがとうございます
>murkhaさん

原作を読んでいる人には、おおむね好評なようなので、今度、読んでみようと思います。
2006-08-22 火 08:46:52 | URL | タウム [編集]
小説と映画、両方見ました^^
こんにちは!ウォレスとグルミットにTBとコメントありがとうございました!!
ふと、こちらの記事に目が留まりました。
私もからみのシーンに全然エロさを感じなくて、あちこち、うなずきながらレビュー拝見させて頂きました。

私の回りでも、映画見ていらっしゃる方が皆無でして、
今、初めてこの映画を見た方を発見!嬉しくなってしまいました。
こちらにTB飛ばしたのですが、ダメかな・・・?もしかして、マズいワードが含まれていたかな・・・
2006-08-26 土 22:36:23 | URL | latifa [編集]
コメント ありがとうございます
>latifaさん

確かにこの映画あまり映像のわりにはエロくなかったです。
原作を読んでいる人には、おおむね好評のようです。
2006-08-27 日 09:43:33 | URL | タウム [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

[ 欲望 ]性をクールに観てみよう
映画[ 欲望 ]@渋谷で鑑賞。2005年は三島由紀夫生誕80年・没後35年。ということで、三島由紀夫に関連する映画が目白押しだった。現代の芸術家たちが語る「三島論」を描いた[ みやび 三島由紀夫 ]。妻夫木聡・竹内結子主演で行定監督がメガホンをとった三島由紀夫の最高 2006-08-16 Wed 22:00:37 | アロハ坊主の日がな一日
欲望
今回はやたら長いっす。ぼつぼつ読んでください。「欲望」小池真理子原作の映画化。この映画を観る動機に多少のスケベ心があったことは否定できませんが。とはいえ題材に三島由紀夫が使われているという。作品としてすごく気になってはいた。でもR-18指定。こんな愛のかた 2006-08-16 Wed 23:53:05 | 泥海ニ爆ゼル

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。