■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

警察小説の傑作短編  ローリー・リン ドラモンド著「あなたに不利な証拠として」
カズオ・イシグロの「わたしを離さないで 」のあまりの素晴らしさの感動とその余韻がさめやらない今日この頃・・・・。

ちょっと、気分を変えようと、久しぶりのミステリーを読んだので、今日はその感想を・・・
ローリー・リン ドラモンド著

あなたに不利な証拠として

あなたに不利な証拠として あなたに不利な証拠として
ローリー・リン ドラモンド (2006/02)
早川書房
この商品の詳細を見る


タイトルの言葉は、映画やドラマでアメリカの警官が容疑者逮捕のときに告げる、
ミランダ警告の一部だ。

「あなたには黙秘する権利がある。あなたの発言は法廷で不利な証拠として扱われる可能性がある」

舞台は、アメリカ・ルイジアナ州のバトンルージュ市警。
そこに勤務する5人の女性警官を主人公に、10編の短編・中編が収められている。

著者は、実際に制服警官として5年間勤務した経験があるようで、警官の日常の仕事が、そのディテールまでしっかりと描かれている。

殺人事件から、交通事故の処理、錯乱して暴れている男への対処など様々な事件事故が起こる。
しかし、事件が起こって、捜査をして、容疑者を追い詰める・・というような事件簿ではない。

女性警官の目をとおして、発生した事件の様子を描く。そして、長年警官として働いてきて、事故で怪我を負って退職した警官や時には同僚に傷つけられたり、みずから警官として成長したりするその姿がそれぞれの主人公で描かれている。

読んでいて、アメリカの警官の様子がホントによく分かる。

もうすぐ夜勤が終わる頃に、交通事故が発生して現場にいかなければならなかったり、同僚が、丸腰の人間を撃ち殺して、想い悩んだり・・。

すごいのは、やはり、事件や事故の現場の描写。
死体の様子や匂い、音。それは、ほんとに生々しすぎて、気分が悪くなる。でも、その現場で捜査や死体処理をするんだから頭が下がる。

だって、こんな匂いだよ・・・。

「腐った肉やバナナの異臭」
「何週間もたったオレンジのつんとする匂い」

「ほとんどの死体は、尿と糞便の匂いがする。・・・・死ぬと膀胱や腸の出入口の調整が効かなくなり、筋肉が弛緩し、体内に残っていた無駄なものはすべて外へ流れ出る・・・」

「死後硬直が始まると、死体は膨張して大きな黒い水泡となり・・・そのときの匂いは味になる。わたしは死の味が舌や喉や肺をびっしり覆ってしまうとは知らなかった」

すごいよ。死体って相当くさいもの・・・。この描写だけでも、読んだ価値あるね。「味になる・・・」って実際体験しないと書けないでしょ・・・。

ただ、グロいだけじゃなくて、女性警官が深く傷ついてしまった自分を何とか保とうとする苦悩が繊細に描かれている。
それが、この本を更に豊かにしている。

精神的にも肉体的にも、やはり警官って大変だよ。
今度、お巡りさんにあったら感謝しよう。心の中で・・・・。

ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓


読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

本・CD・DVDを売ってみませんか?高価買取なら livedoor?リサイクル


レンタルなんて面倒くさいという方。家に居ながら好きな映画が観られます。
<★ 映画もアニメも、格闘技も ★>見たい作品は、見たい時に見る!

【PCがあればそこが映画館♪】
レンタルビデオに行くよりお得っ!映画を月2本525円で視聴!シネマナウへGo! 



格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード
スポンサーサイト


テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

翻訳本 | 23:08:08 | Trackback(7) | Comments(10)
コメント
TBありがとうございました。
こちらからもさせていただきました。

経験者ならではの描写にあふれていて、密度が濃い小説でしたね。
2006-08-15 火 00:16:16 | URL | 朔 [編集]
ご訪問ありがとうございました!
痛いぐらいにリアルな描写には引き込まれるものがありますね。
TBさせて頂きます!
2006-08-15 火 07:23:32 | URL | しゃお [編集]
Commentありがとうございます。
この作品、確かに読み応えありです。
しかし、厳密に考えるならば「推理小説(ミステリー?)」ではなく、「警察小説」あるいは「警察文学」といった感のある作品だと思います。
いい作品であることに異論はありません。

またのぞかせていただきます。
2006-08-15 火 11:19:20 | URL | ksbc [編集]
コメントありがとうございます
>朔さん
本当に濃い作品でした。

>しゃおさん
TBありがとうございます。
リアルな描写はすばらしかったです。

>ksbcさん
おっしゃるとおり、警察小説ですね。
広義の意味では、ミステリーに入るかもしれませんが・・・。
予想とは違っていましたが、面白かったです。

2006-08-15 火 16:55:16 | URL | タウム [編集]
生身の人間としての警察官像
日本の小説ではまず職業としての警察官像があって、その警察官が個人的なしがらみを切り離せずに悩むのが普通なのですが、ここではまず人間があるんですね。その人間が職業としての警察官との矛盾に悩む。
この逆転の発想が面白いと思いました。
2006-08-15 火 19:05:55 | URL | よっちゃん [編集]
はじめまして
当方のブログへのご訪問ありがとうございました。
ksbc様もおっしゃるように、まさに「警察文学」とも云うべき作品だったと思います。
こちらからもトラックバックさせていただきます。
2006-08-15 火 22:40:36 | URL | nanika [編集]
コメント ありがとうございます
>よっちゃんさん

まず人間がある・・・んん、なるほど。卓見です。

>nanikaさん
TBありがとうございます。
もしよろしければ、日本の警察小説(警察官僚小説)の「隠蔽捜査」はとても面白かったので、読んでみてください。


2006-08-16 水 20:15:48 | URL | タウム [編集]
biomasaことしぇんしぇいです。
TBありがとう。
この本はいいですよね。
2006-08-18 金 21:34:25 | URL | しぇんしぇい [編集]
TBありがとうございました。
本や映画の趣味がちょっと似てますね。
2006-08-18 金 22:48:37 | URL | honyomi-world [編集]
コメント ありがとうございます
>しぇんしぇいさん

よんでみて、良い本だと実感しました。

>honyomi-worldさん

そうなんですか・・・・これからもちょくちょくお邪魔させていただきます。


2006-08-22 火 08:54:11 | URL | タウム [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

あなたに不利な証拠として
ローリー・リン・ドラモンド 著。駒月雅子 訳。 「あなたには黙秘する権利がある 2006-08-15 Tue 00:14:28 | イドノハタノホンダナ
『あなたに不利な証拠として』 ローリー・リン・ドラモンド
著者:ローリー・リン・ドラモンド 訳:駒月 雅子 『あなたに不利な証拠として』 (ハヤカワポケットミステリ) ルイジサナ州のバトンルージュ署に勤務する5人の女性警官たち。警官として直面する事態は、それぞれの生き方に大きな影を与えている・・・。 2006-08-15 Tue 07:21:32 | 固ゆで卵で行こう!
ローリー・リン・ドラモンド 『あなたに不利な証拠として』この不条理に耐えられるか。
著者は警察官の経験があると訳者あとがきで紹介されているが、これはまさしく警察小説である。ただし、かなり異色だ。五人の女性警察官が一人称で語る短編集だが、事件そのものの不可解性よりも人間性に共通して潜むマイナスベクトルを丹念に時には残酷に切り開いてみせる。 2006-08-15 Tue 19:07:07 | 日記風雑読書きなぐり
『あなたに不利な証拠として』
ローリー・リン・ドラモンド/著、 駒月 雅子/訳 あなたに不利な証拠として 久しぶりにハヤカワ・ポケミスを読んだ。ルイジアナ州バトンルージュ市警に勤務する5人の女性警察官たち、その一人ひとりを主人公にした連作短編集。まず、“海外ミステリー読み”の 2006-08-15 Tue 22:41:58 | 本だけ読んで暮らせたら
ローリー・リン・ドラモンド『あなたに不利な証拠として』○
 ルイジアナ州バトンルージュ市警に勤める5人の女性警官の仕事と日常生活を描く。2... 2006-09-26 Tue 17:09:28 | 駄犬堂書店 : Weblog
「あなたに不利な証拠として」ローリー・リン・ドラモンド
これってミステリなんでしょうか。ミステリとするには、謎が一つもありません。警察官を主人公に置きながら、事件そのものよりそれに携わる人間心理をリアルに、そして緻密に描き出す。ハヤカワのポケミスから出てるからと言って、ミステリと括ってしまうには惜しい。ジャ.. 2007-01-18 Thu 07:49:34 | 読書とジャンプ
アメリカが気になったぞ
バトンルージュは北緯30度27分29秒、西経91度8分25秒 (30.458090, -91.140229)に位置している。アメリカ合衆国統計局によると、この都市は総面積204.8 平方メートル|km² (79.1 平方マイル|mi²) である。このうち199.0 km² (76.8 mi²) が陸地で5.7 km&s 2007-03-18 Sun 19:46:06 | アメリカが気になったぞ

FC2Ad