■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
奮闘する警察官僚  「隠蔽捜査」
警察の不祥事が起こるたびに、三人並んで深々とお辞儀する警察関係者の姿をどなたも見たことがあるのではないだろうか。

今日の本、今野敏著「隠蔽捜査」の主人公、警察庁長官官房総務課長の竜崎は、まさに、そのマスコミ対策を担当している。

隠蔽捜査 隠蔽捜査
今野 敏 (2005/09/21)
新潮社
この商品の詳細を見る


読む人のために内容は詳しくは語らないが自らの仕事と、息子のトラブルがほとんど同時に起こり、その両方の問題解決のために奮闘する男の数日間が緊迫感たっぷりに描かれる。

警察官僚として、問題が起こったときの対処の仕方、一人の父親としての責任。時間が過ぎて行く中で、人生を左右するほどの大きな決断を竜崎は迫られます。
岐路に立たされたとき、何を重要だと考え、どんな結論を出すのか、考えさせられます。そして、幼馴染の警察官僚とのシーンは、深く深く心に沁みます。


出世、保身、立場、組織、家庭、正義、倫理、息子の将来、世間体。

ああ、しっかりした男は背負うものが多すぎるんだな。でも、それが、男の価値でもある。いいよ、この本、いいんだよ

毎晩遅く帰ってきたって、日曜は寝てばかりいたって、きっと息子や娘は頑張っている父親の姿をちゃんと見ているよ。わかっているんだよ。

真面目に働くすべてのお父さんの応援歌だよ。

チョイ悪オヤジのチャラケタ雑誌なんか読む前に、お父さん、この本読んで日本人らしさを取り戻そうよ。

ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 本ブログへ

読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ
格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード




スポンサーサイト


| 19:37:45 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
さすに読んでいらっしゃいましたね
失礼しました。。(^_^;

> 真面目に働くすべてのお父さんの応援歌だよ。

おっしゃるとおりです。
私も、お父さんじゃありませんが、
この本読んでモチベーションもらいました。
2007-01-30 火 22:54:45 | URL | こばけん [編集]
コメント ありがとうございます
>こばけんさん

勇気付けられる本でした。
多くの子供は、父親のことを信頼し、尊敬していると思いますよ。
どんな時代でも・・・。
2007-02-03 土 11:17:41 | URL | タウム [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。