■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
屈指の名将の半生 木村元彦著「オシムの言葉」
サッカー、日本代表の新監督、イビチャ・オシム。
突如注目され始めたこの人物。昨年、出版されたこの人を取材した本も注目され、ベストセラーになりました。

ということで、新監督の値踏みをかねつつ読んでみましたので今日はその感想を・・・。

木村元彦著
オシムの言葉 ~フィールドの向こうに人生が見える~」

オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える
木村 元彦 (2005/12)
集英社インターナショナル
この商品の詳細を見る


イビツァ・オシムは、私のキャリアの中でも最高の指導者のひとりだった

そう語るのは、名古屋グランパスで活躍した元ユーゴスラビア代表のストイコビッチ
彼とオシムは、ともにユーゴの出身で、イタリアワールドカップのときは選手と監督という関係だった。

オシムを語る上で欠かせないのは、その祖国のこと。
いまはそれぞれの民族の国に分断された旧ユーゴ。
彼が監督として活躍していたときは、まさにこの祖国が瓦解しはじめたときだった。

旧ユーゴ。
5つの民族、4つの言語、3つの宗教、2つの文字のモザイク国家。

日本では考えられないが、サッカーのユーゴ代表監督にはそれぞれの民族から選ばれた選手をまんべんなく使えと、ものすごい圧力がかかる。
しかし、素晴らしいチームにするにはそんなことはやっていられない。
だが、オシムは、その圧力どおりに選手を配置して、ワールドカップの初戦に見事に負けて見せた。
騒がしい外部の人間たちもさすがにその試合をみて、オシムに従わざるを得なかった。

つい、数年まえまでともにプレーしていた選手たちが敵となり、戦う。
この過酷な運命の奔流の中にオシムやストイコビッチはいたのだ。

また、内戦が始まったユーゴで、オシムは妻と2年におよぶ別離を経験する。妻がいたサラエボが包囲され避難できなかったのだ。
死と隣り合わせの状況で、妻のアシマはその生活を何とか生き抜き、無事、夫と再会を果たす。

オシムの監督としての力量は誰もが認めるところのようだ。
レアル・マドリードをはじめ、世界の有名クラブからの監督就任のオファーは、多数あったらしい。
その、名将がオーストリアのクラブチームの後に、極東にある島国のサッカーチームの監督に就任することはまさに奇跡かもしれない。

でも、実際は奇跡ではないんだな、これが。
東京オリンピックのときに、オシムは選手として来日を果たしている。
そのときの日本と日本人の印象が少なからず彼の決断に影響しているようだ。昔の日本人ありがとう。

彼のサッカーの基本は、走ること。
とにかく走る。
「ムービング・サッカー」っていうらしいんだけど・・・・。
2部落ちを危ぶまれていたジェフ市原(千葉)を初のタイトル(ナビスコカップ)へと導いた手腕はやっぱすごいんだと思う。

この人を一言で表現するなら、偏屈オヤジ。
とにかく、インタビューでも普通には答えないし、受け答えもひねくれている。
皮肉屋であり、恥ずかしがりやであり、あまり感情豊かではなさそうだ。
それでも、選手たちの信頼は厚い。なんか憎めないような性格。
それは、どの選手に対しても、平等であるためだ。
たとえ、どんなに有名で年俸が高い選手でもミスをしたら、チームメイトの前ではっきりと叱責する。
得点をあげられなくても、キッチリと動いていた選手はしっかりと観察している。

さぁ、この偏屈オヤジ、日本代表をどう変えていくのか。
8月には、親善試合があるらしいから、楽しみだね。
期待しながら、お手並み拝見といきましょう。

ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓


読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

本・CD・DVDを売ってみませんか?高価買取なら livedoor?リサイクル


レンタルなんて面倒くさいという方。家に居ながら好きな映画が観られます。
<★ 映画もアニメも、格闘技も ★>見たい作品は、見たい時に見る!

【PCがあればそこが映画館♪】
レンタルビデオに行くよりお得っ!映画を月2本525円で視聴!シネマナウへGo! 



格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード
スポンサーサイト


テーマ:オススメ本 - ジャンル:小説・文学

ノンフィクション | 21:37:26 | Trackback(1) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

(今年の一冊)『オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える』 木村元彦著
読んだ後、ジェフのスタジアムDJガマちゃんじゃないけど「あなたに会えて本当によかった!」と心から思ってしまいました。とにかく、彼のサッカーをリアルタイムで経験出来たことを幸福に思いました。(もちろんこれからもオシムサッカーを追っかけていきます。) 著 2006-07-30 Sun 23:02:31 | Kozmic Blues by TM

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。