■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
実を基にしたスウェーデンの銀行強盗の3兄弟と家族の物語  アンデシュ・ルースルンド & ステファン・トゥンベリ著 ヘレンハルメ美穂、羽根由 訳 「熊と踊れ」  
「熊と踊れ」
アンデシュ・ルースルンド & ステファン・トゥンベリ著 
ヘレンハルメ美穂、羽根由 訳

  

このミス2017、海外編の第1位の作品。スウェーデンの事実に基づく、
3兄弟の銀行強盗の物語。






このミス、1位の作品。
毎年ランキングが発表されるのが楽しみで、
今年も期待しながら手にとりました。

舞台はスウェーデン。ストックホルム。
レオ・フェリックス・ヴィンセントの3兄弟とレオの幼馴染やスペルが、
武器庫を密に爆破して武器を人知れず盗み出すところから始まる。
そしてその武器を手に、4人は次々と銀行強盗を始める。

リーダーは、長男のレオ。
長男らしく、責任感があり、バラバラな4人を何とかまとめようと奮闘する。
次男のフェリック。三男のヴィンセント。ヤスペル。
話がつつむにつれ、4人の個性がそれぞれ描かれていって、
4人の関係性が微妙に変化していく様子もリアルに描かれている。

肝心の銀行強盗のシーンも何度も登場するが、
手に汗して読んだ。
とにかく、リアル。
そして映像的。
緊迫のシーンを読むのは楽しみではあったが、
読んだ後はものすごく疲労感を感じた。
銀行強盗のシーンを読んでいた時は、まさに4人と一緒に銀行に押し入り、
そして4人と一緒に逃走していた。

銀行強盗の犯す現在の3兄弟の様子とともに、
幼少期の3兄弟の家族の様子も交互に描かれる。


今は絶縁状態の父と母と暮らしていた頃。
やがて父の暴力に愛想を尽かし、
3人を残し家を出ていく母。

銀行強盗を犯す兄弟のこれまでの人生。
崩壊した家庭と父との決別。

やがて、4人の関係は崩壊し、
一旦、強盗グループは解散するのだが・・・。

強盗した金で普通の暮らしを夢見る、
フェリックスとヴィンセント。
ろくでもない人生で、
一発逆転に賭けるレオ。

なんとか捕まらずにいてほしいと願うが、
やはりそうはいかない。

ラストは読むのが切なかった。
結末はある程度予想がつくのだが、
最後の最後まであきらめないレオの姿がよかった。

驚くのは、著者の一人が、実際の銀行強盗の3兄弟と実の兄弟だということ。
もちろん、銀行強盗には加わらなかったのだが、
のちのち、本作を読んだ兄弟たちは自分たちの胸のうちが、
細かく書かれていると驚いたそうだ。

上下2冊とボリューム満点。
北欧の切ない銀行強盗の物語。
おすすめです。







いつも食べてるあのお菓子の地方限定の味≪プリッツ ずんだ味≫ 
 

ダイズまるごと炭酸飲料≪SOYSH≫ 
 

本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

livedoor RECYCLE



古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】



スポンサーサイト


テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

未分類 | 20:43:03 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。