■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
左遷されたキャサリン・ダンス。 シリーズ第4弾 「煽動者」 ジェフリー・ディーヴァー 著  池田真紀子 訳
「煽動者」
ジェフリー・ディーヴァー 著   池田真紀子 訳



キャサリン・ダンスシリーズ、第4弾。
左遷されたダンスが、集団パニックを引き起こす犯人を追いつめる。





ジェフリー・ディーヴァーは好きで、新作が出るたびに読んでいます。
リンカーン・ライムシリーズが有名ですが、本作のキャサリン・ダンスシリーズも、
十分に読者を楽しませてくれます。

物語はソリチュード・クリークという場所のナイトクラブから始まる。
バンドの演奏が行われ、混雑している店内で、煙が漂いはじめ、
火事が発生したと館内放送が流れる。
指示に従い、非常口へと殺到する客。
しかし、非常口の外側に大型トラックが駐車され、
扉が開かない状態だった。
客はパニック状態になり、3人の死亡者がでる惨事となる。

この事故を調べることになったのが、
得意のキネクシスを駆使して行った取り調べで、容疑者を見破れず、
取り逃がしてしまい、民事部に左遷されたダンス。

当初、偶然が重なった事故だと思われていたものが、
ダンスが調べると、誰かが意図的に仕組んだことがわかってくる。

犯人はどんな人物なのか。
そして、事件を起こす動機は何なのか。

作家の講演会、テーマパーク、病院のエレベーター。
次々と起こるパニック事件。
数少ない手がかりの捜査で浮かび上がる容疑者たち。

ディーヴァーの作品は、早い段階で犯人の視点でも描かれるので、
犯人がどんな人物なのかは読者には明かされている。
今回の犯人も犯行の様子が描かれている。
しかも、用意周到なのでダンスもなかなか追いつめることはできない。
ちょっと犯人側に都合よすぎないか・・・。
と思わないではないが、
不特定多数が集まっている場所でのパニックや
群衆心理や行動がリアルに描かれていて興奮してしまった。

次はどこを狙うのか、何のイベントに潜入するのか。
読者は先を読み、想像を働かせるが、
その心理もうまく利用してだましてくれる。

今作はなぜか日本や日本人がエピソードとして何度か登場する。

ソリチュード・クリーク。
直訳すると「コドクノオガワ」
この場所が、戦時中に日系人の強制収容所があった場所だったとか、
ダンスの息子のウェスが友達から無理矢理奪うものが、
日本のマンガの「デスノート」とか。


ラスト、事件の全貌や動機が明かされるが、
ちょっと拍子抜けしてしまった。
それまでさまざまな容疑者を捜査した後だったので、
裏をかきすぎたのでは・・・。

でも、さすがのディーヴァー。
最後におおきなサプライズが・・・・。
帯では「背負い投げ」と書かれている。

ダンスのプライベートや息子のウェスの話は、
ちょっと出来すぎ、まとめすぎと思ったが、
それでも十分楽しませてもらった。

続編の展開も気になる。






いつも食べてるあのお菓子の地方限定の味≪プリッツ ずんだ味≫ 
 

ダイズまるごと炭酸飲料≪SOYSH≫ 
 

本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

livedoor RECYCLE



古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】






スポンサーサイト


テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

翻訳本 | 14:17:25 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。