■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ロシアのベストセラーの映画化 「ナイト・ウォッチ」
ロシアでベストセラーとなった光の者と闇の者との戦いを描いた
ナイトウォッチ / セルゲイ・ルキヤネンコ著
感想は以前のブログ(ココ)で書きました。

今日はその映画化作品。
「ナイト・ウォッチ」の感想です。

ナイト・ウォッチ NOCHNOI DOZOR 特別編 ナイト・ウォッチ NOCHNOI DOZOR 特別編
コンスタンチン・ハベンスキー (2006/07/07)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
この商品の詳細を見る


まず、印象にあるのが、「王様のブランチ」の映画コーナー、
LiLiCoがオススメしていたこと。

ハリウッドとは違う映像美に注目・・・みたいなことを言っていた。

まぁ、いろいろ映画会社としがらみがあってけなすことはできないんだろうけど・・・。
でも、あれで、観ちゃった人は絶対後悔したはず・・。

だって、まず、表現が分かりにくい。
入り組んだ映像は製作者の自慰でしかない。

ストーリーも原作をよんでいなければ、ほんと分かりにくいよ。
出てくる俳優もあまりパッとしないし・・。

梟から変身する女がいるんだけど、どうせならもっとかわいい子をキャスティングすればいいものを、なんか、普通の女がでてくる。
俺のイメージだともっと若くてかわいかったのに。
こんなのだったら、ずっと梟でいろよ・・・って誰かが突っ込んだかも。(←他人に責任転嫁)

でも、まぁ、ロシアに興味ある方はご覧ください。
何か、発見があるかも・・。

ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓


読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここへ。
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

本・CD・DVDを売ってみませんか?高価買取なら livedoor?リサイクル


レンタルなんて面倒くさいという方。家に居ながら好きな映画が観られます。
<★ 映画もアニメも、格闘技も ★>見たい作品は、見たい時に見る!

【PCがあればそこが映画館♪】
レンタルビデオに行くよりお得っ!映画を月2本525円で視聴!シネマナウへGo! 



格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード
スポンサーサイト


テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

DVD | 22:23:30 | Trackback(4) | Comments(2)
コメント
ども、TBありがとうございます。
確かにわかりにくいストーリーかも^^;;
二部を期待してみましょ、
2006-08-05 土 19:02:20 | URL | Yama [編集]
コメント ありがとうございます
>Yamaさん

そうですね、二部に期待します。
2006-08-06 日 01:02:49 | URL | タウム [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ナイト・ウォッチ NIGHT WATCH
コンスタンティン・カベンスキー主演 ロシア ファンタジー映画ユアン・マクレガー の同名ナイト・ウォッチではありません東京ファンタジック映画祭で話題になったロシア映画3部作の1作目配給会社のアメリカ20世紀FOX社が 残虐なシーンがあるので公開を何故か遅らせた・・ 2006-07-29 Sat 22:34:14 | travelyuu とらべるゆう MOVIE
ナイト・ウォッチ
★本日の金言豆★セルゲイ・ルキヤネンコの原作小説は「Night Watch」「Day Watch」「Dusk(たそがれ) Watch」の3部作。2006年4月1日公開 ロシア映画ですよ、ロシア!いやあ~私も不勉強なもので、ロシア映画 2006-08-11 Fri 17:22:52 | 金言豆のブログ ・・・映画、本について
映画館「ナイト・ウォッチ」
ロシア発の作品ってことで、チョットかなり楽しみにしていました!そういえば、ロシア映画って観たこと無いかも。ソ連時代の作品だったら少し観たことあるけど~。闇vs光ってことで、なかなかいい題材なんじゃないの~!と思っていたのですが。。。え?闇ってヴァンパ... 2006-08-13 Sun 10:00:53 | ☆ 163の映画の感想 ☆
ナイトを攻める
【ナイト】 GX30-002 英国で誕生した気鋭の腕時計ブランドNITE。自ら発光する、『トリチュウム』が小さなガラス製のカプセルに封入され、針や文字盤、ベゼルに埋め込まれており、従来の蓄光式や、バックライト式とは一線を画す、高い視認性を誇ります。軍用として開発された 2007-08-15 Wed 06:15:42 | ウォッチをたくさん集めました

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。