■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
2001年のネパールが舞台のミステリー。  米澤穂信 著 「王とサーカス」
「王とサーカス」
米澤穂信 著

2016年版このミス国内編1位の作品。
各方面で評判になった、
王族殺害事件が起きた2001年のネパールが舞台のミステリー。





著者の作品は「満願」「折れた竜骨」「リカーシブル」等を読んでいる。

それまでの印象は、あまり好みの小説ではないというものだったが、
ランキングで一位ということと、
王様のブランチでも絶賛されていたので読んでみました。


語り手は太刀洗万智という元新聞記者。
今はフリーのライターとして雑誌などで記事を書いている。
物語は太刀洗が取材で訪れたネパールで遭遇する、
王族殺害事件と、その取材で知り合った軍人の殺人事件を中心に語られる。

ネパールが舞台で、しかも王族殺害事件が起きた2001年の物語ということで、
期待度はこれまで以上に膨らんだ。

結論からいうと、
過去の著者の作品と同じ印象で、
好みの作品ではなかった。



ここからは批判的な内容です。
(ファンの人すいません)


冒頭から前半を通して続く、
細かな描写が好きじゃない。
もちろん、後半の謎解きにつながる伏線を潜ませていたりするので、
必要だというのはわかるのだが・・・。



大きな事件が起きた2001年のネパールが舞台ということだったが、
想像していた内容とは大きくかけ離れていた。
なんというかある程度壮大な物語を想像していたが、
まったくスケール感を感じなかった。
王族殺害事件は物語の本筋とはまったく関係がなく、
太刀洗が事件を取材する様子もほぼ緊迫感がなかった。
めくるめくような陰謀に巻き込まれるのかと勝手に想像していた。


ネパールで泊まっている宿の近くをウロウロするばかりで、
終わってみると、安っぽい殺人の真相をつきとめただけだった。

ミステリーや本格推理のファンならうなるような出来なのかもしれないが、
そうでない読者ならそれほど高評価はしないのではないか。

よく出来ているとは思うのだが、
パズルのピースをすべてぴったりはめようと
物語を組み立てているので、
まとめすぎな感じするし、やっぱり全体的に陳腐に感じる。

語り手を含めて登場人物もあまり描けていないように思う。
それぞれの人生の葛藤や苦悩がまったく感じられなかった。
(まったくというのは言い過ぎかも)


物事は何事も好みなので、
興味を持った方はぜひ読んでください。
この作品を気に入るかもしれません。






いつも食べてるあのお菓子の地方限定の味≪プリッツ ずんだ味≫


ダイズまるごと炭酸飲料≪SOYSH≫


本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

livedoor RECYCLE


古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】




スポンサーサイト


テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

小説 | 13:47:34 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。