■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
タモリの数奇な半生     近藤正高 著 「タモリと戦後ニッポン」
「タモリと戦後ニッポン」
近藤正高 著



本書はタモリの半生と戦後の日本の、その時々の出来事を振り返っています。




長年、「笑っていいとも」と暮らしてきた人間なので、
番組が終了したときには、「タモロス」で、
仕事もうまくいかなかった。

「いいとも」終了から1年以上たった今、
冷静にタモリの半生を振り返る本書を手に取って、
改めてタモリという人物の特異さと偉大さを実感した。


多くの資料に当っているのがよくわかる。
タモリだけでなく、戦後の人物や出来事のエピソードも豊富。
相当の労作だったに違いない、

一連のタモリ関連本の中でも最後発の本書は、
よくまとまっているし、
タモリの半生をざっと振り返るには最適だと思う
一冊でもタモリを十分理解できるのでは・・・。
また、別の切り口としての戦後史、サブカルチャー史としても楽しめる。


タイトルの通り、
ほぼ、事実を時間をおって綴っている。
ところどころ、タモリとその時代や社会との関わりなんかを考察していて興味深い。

冒頭のタモリと旧満州との関わりも印象的だった。
タモリ自信は終戦直後に日本で生まれたのだが、
祖父や母は満州で暮らしていたそうだ。

戦後の引き揚げの混乱とソ連の国境侵入で、
あまり満州にはいい印象はなかったが、
日本の英知を結集してつくりあげた国家だったようで、
町のつくりや建物の設備なんかは、
最新式のものが使われていたそうだ。
満州から日本に引き揚げてきた人は、
日本の設備の古さに驚いたそうだ。

また五族協和というだけあって、
日本の堅苦しい人付き合いなんかがなく、
とても暮らしやすかったらしい。

そんな旧満州出身者の気風をタモリも、
母や祖父からひきついでいるのではないかと推測している。

また終章でも、
タモリと植草甚一、
タモリと森繁久弥の類似性を考察している。

タモリの人生について断片的に知っていたが、
こんな風に年代順に整理されたものを通して読むと、
なんと数奇な運命なのかと考えてしまう。
特に芸能界のきっかけとなるホテルでの山下洋輔トリオとの出会い。
何度読んでも運命的と思ってしまう。

デビュー当初はかなり特異な存在だったタモリが、
徐々に社会に受け入れられ、
人気者になっていく様子も興味深い。
(本人いわく、デビュー当時は、いまの江頭2:50のような存在だったそうだ)

たしかにいいとも初期のタモリは、
あの髪型といい、サングラスを含めた風貌といい、
脂ぎっていてなんとなくアブノーマルな雰囲気が漂っていた。
それが少しづつアクが抜けていくように、
社会に受け入れられてく。


いいともはほぼリアルタイムで視聴していたが、
「夕刊タモリ」や「今夜は最高」を意識してみていなかったことが悔やまれる。
小学生や中学生にとって、タモリは理解不能な存在だった。

本書を読んでもっとタモリについて知りたくなってしまった。
特にタモリ自身の思想や考えについて。

タモリ語録には今の日本が参考にすべきことが多くあるのではと思う。
たとえば、その年の目標を聞かれると必ずと言っていいほど、
「現状維持」とタモリが答えているのを覚えている。
右肩上がらりの経済を目標をとする資本主義を批判するように・・・。

またネットで一部話題になっているタモリレシピについてもまとめてほしい。
料理のレシピだけでなく、生活のレシピも。
例えば、風呂では「あ」のつくところしか洗わないそうだ。
頭、アソコ・・・。
体は洗いすぎると必要な皮脂まで失ってしまうかららしい。


これからどれだけ、タモリの番組を見られるかわからないが、
噛みしめるよう味わいたいと思う。











いつも食べてるあのお菓子の地方限定の味≪プリッツ ずんだ味≫


ダイズまるごと炭酸飲料≪SOYSH≫


本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

livedoor RECYCLE


古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】



スポンサーサイト


テーマ:新書 - ジャンル:本・雑誌

新書 | 15:44:22 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。