■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
警察署で働く禁酒法時代のタイピスト     スーザン・リンデル 著  吉澤康子 訳 「もうひとりのタイピスト」
「もうひとりのタイピスト」
スーザン・リンデル 著
吉澤康子 訳





禁酒法があった頃のアメリカ、ニューヨーク。
警察署でタイピストとして働く地味なローズの前に新しいタイピストのオダリーが現れて
ローズの生活は一変する・・・。
グレートギャツビーの雰囲気をまとったミステリー作品。







禁酒法時代のアメリカ・ニューヨーク。

警察署でタイピストとして働く地味な女、ローズ。
両親を亡くして孤児院で育ち、規律正しい毎日を送っていた。
そこにあらたなタイピストとしてオダリーがやってくる。
可憐でおしゃれで誰もが思わず見とれてしまう魅力にローズも惹かれてしまう。

豪華なホテルで暮らしているオダリー。
夜な夜なもぐりの酒場に出かけて(禁酒法時代に)いて、
これまでの人生は謎に包まれている。

当初はオダリーを毛嫌いしていたローズは、ジョジョにオダリーに惹かれて
ホテルで共に暮らしはじめ、オダリーの世界にハマっていく。
(レズビアン的な箇所もある)

単純な娯楽作のミステリーだと勝手に想像して読み始めて、
予想を裏切られた。

かなり、文学的な作品だった。
はじめはとまどったものの、読み進むと惹きこまれた。

まずはその語り。
ローズの語りが縦横無尽に続き、
まさに人間の頭の中をのぞいているような、
脈絡ない経験談を聞いているような感覚だった。
この整理されていない語りが何とも文学的で、
慣れる頃にはハマっていた。

それからもう一つは比喩。
~のようなという比喩が次々と出てきて、
そのひとつひとつが印象的だった。

全体的な雰囲気は、著者が恋したというグレートギャツビーを思い出させた。
表現も適格で印象的なフレーズがいくつもあった。
例えばこんな感じ。

ものすごい金持ちとものすごい貧乏人だけが気取らないあけっぴろげなセックスを楽しめる。



結末は読者を煙に巻くような感じで、
いろいろとローズやオダリーについて振り返って考えてしまった。
一体何が真実で、何が虚構だったのか。

それにしても、
いまはもうないと言っていい、
タイピストという職業にもいろいろと考えを巡らせてしまう。

禁酒法時代のもぐりの酒場。
そこで飲む酒は背徳感も加わってさぞやうまかったことだろう。












いつも食べてるあのお菓子の地方限定の味≪プリッツ ずんだ味≫


ダイズまるごと炭酸飲料≪SOYSH≫


本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

livedoor RECYCLE


古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】



スポンサーサイト


テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

翻訳本 | 22:28:44 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。