■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

フランス人のライフスタイル ⇒ 昔ながらの日本人のつましい暮らし? ジェニファー・L・スコット (著), 神崎 朗子 (翻訳)  「フランス人は10着しか服を持たない」
「フランス人は10着しか服を持たない」

ジェニファー・L・スコット (著)
神崎 朗子 (翻訳)


アメリカ人によるフランス人のライフスタイル紹介本。
書かれていることは納得できることばかりで、
改めて自分の生活(衣食住)を見直すきっかけになりそうです。



本書は、今年2番目に売れた本だとのこと。
中年のオヤジが読む本ではないと、
重々承知していますが、
タイトルに興味を惹かれて手に取りました。

予想通り、
女性向けのライフスタイル指南本なのではありますが、
とても面白く読みました。

著者は学生の時に、フランスに留学している。
その時の経験をもとに本書は書かれている。

著者がフランス人の生活に触れた時の驚きやときめきが、
率直に書かれているので、
読んでいるこちらまでその思いが伝わってくるようだった。
それから、訳がいいからか、語り口が軽いからか、
読んでいてまったく疲れない文章だった。
あまりにも違和感がないので、
外国人が書いた体で出版した本ではないかと、
疑ってしまった。
(著者近影が載っているので、外国人の著者実在しているのは間違いなと思う)


全部のフランス人がこの本に書かれているような生活を送っているか、
疑問に感じなくはなかったが、それでも興味深かった。

生活する上での注意点が、
あれやこれや、いろいろと書かれていますが、
要は、衣食住のすべてにおいて、
その食べ物は、その服は、その家(にある物)は、
本当にあなたが必要なものか。
それはあなたをハッピーにしてくれるか。

とりあえずの間に合わせで済ませていないか。
安いから、手っ取り早いから、
それを選んでいるのではないか。

本当にほしいもの、質のいい物を予算の範囲内で購入して、
長く使う。
その典型的な例として洋服をあげている。
タイトルにある通り、
ホームステイしていた家庭の家族は、
裕福でありながら、ワードローブの中は実にシンプルだったそうだ。
限られたもので生活し、その範囲で楽しむ。
一週間で2回も同じ服を着るのは気がひけるが、
フランスではよくあることだという。

未来のセレブを夢見るよりも、
毎日の生活をお気に入りのもので満たして、
充実させることが何よりも幸福なのかもしれない。

改めて物にあふれた生活を見直そうと思ってしまった。
自分が今、着ている服で、持っている物で、
本当に気に入っているものがどれだけあるだろう。

自分のお気に入りの香水を探して、
自分を香で表現しよう・・・、
なんてことも書かれていた。
個人的には香水の匂いが苦手なので、
同意しがたいと思う箇所もあるにはあった。

考えてみると、
以前の日本人も必要最低限の生活をしていたと思う。
背伸びせずに身の丈にあった生活をこころがけて、
かつ貧乏臭くならず暮らしていく。

とても示唆に富んだ内容だったように思う。
ぜひ同年代のオジサンにおすすめしたい。
女性だけに読ませるにはもったいない。


  




いつも食べてるあのお菓子の地方限定の味≪プリッツ ずんだ味≫


ダイズまるごと炭酸飲料≪SOYSH≫


本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

livedoor RECYCLE


古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】



スポンサーサイト


テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

エッセイ | 22:39:14 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad