■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

20年前の忘れたい出来事が、本に書かれていたら・・・。  ルネ・ナイト 著  古賀弥生 訳 「夏の沈黙」
「夏の沈黙」
ルネ・ナイト 著
古賀 弥生 訳



20年前の忘れたい出来事が、自宅に届けられた本に書かれていた。
デビュー作とは思えない上質のミステリーを十分に堪能しました。





著者は本作がデビュー作だそうだ。
とてもそうは思えない出来で、
最後まで楽しませてもらった。

語り手は、夫と息子がいるドキュメンタリー制作者のキャサリン。
家で見つかった見覚えのない本。
そこに書かれていたのは、20年前、
家族で旅行したスペインでの忘れてしまいたい出来事。
それは明らかにキャサリンのことだ。

一体誰が。一体何のために。

物語はもう一人の語り手の視点と交互に描かれる。
もう一人は、70過ぎの元教師の老人、スティーヴン。

徐々に語られていく、20年前の出来事と、
本が書かれたいきさつ。
キャサリンの家族とスティーヴンの家族との関わり。

旅行先での些細な出来事だと思われていた出来事の、
隠された真相が明かされる。

切ない話だ。
良かれと思って隠した出来事が思わぬ形で家族を壊していく。
家族の絆が危機を迎え、そしてそれを乗り越えていく様子。
ただし、家族の関係が再生されるわけではなく、
キャサリンが新たに歩みだしていく様子を示唆して話は終わる。

十分に楽しませてくれる作品ではあるものの、
やや不満も残る。

緊迫感が増していく前半に比べて、
終盤、物語のペースがダウンして、
モノローグ的な記述が増えて、
必死にまとめようとしている感じに違和感があった。

メディア関係で働くやり手のキャリアウーマン的なキャサリンが、
後半は反撃にでるのかと思いきや、
なんだか、しんみりとして、しっとりと終わろうとする感じは、
ちょっと物足りなさを感じてしまう。

ラストでもうひとひねりあるのかと期待してしまった。
もっとヒリヒリするような、別の結末でもよかったのではと思った。


印象に残ったのは次の箇所。


子供や犬を助けようとして溺死するのはいつも女ではなく男だ。
母親ではなく父親だ。
奇妙なことだが、
溺れかけた子供を助けるために水に飛び込んだ女の話など聞いたことがない。


確かにそうだな。
妙に納得してしまった。


読後にじっくりと余韻に浸りたくなる一冊です。









いつも食べてるあのお菓子の地方限定の味≪プリッツ ずんだ味≫


ダイズまるごと炭酸飲料≪SOYSH≫


本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

livedoor RECYCLE


古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】



スポンサーサイト


テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

翻訳本 | 23:42:12 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad