■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

NO.1テニスプレーヤーの理想の食事論  ノバク・ジョコビッチ 著 タカ大丸訳 「ジョコビッチの生まれ変わる食事」
「ジョコビッチの生まれ変わる食事」

ノバク・ジョコビッチ 著
タカ大丸 訳



言わずと知れた、世界NO.1テニスプレーヤーによる理想の食事論。
半自伝的内容も含まれていてとても興味深かった。





タイトルだけなら、とても読みたいと思わないかもしれないが、
実際読んでみると、なかなかこれが面白かった。

タイトルの通り、著者の食事に対する考えが語られているのだが、
なぜ食事に気を付けるようになったかも描かれていて、
その辺も面白かった。

著者のジョコビッチ。
今やテニス界にその名をとどろかせる、
不動のランキング1位のプレーヤー。

1位になってからのジョコビッチしか知らなかったので、
その前のナダルやフェデラーを追いかけている時期のエピソードは
とても面白かった。
いつもいいところまではいくものの、
試合が長くなると後半で必ず体に不調があらわれ、
休憩をとることが多かったそうだ。
トップクラスの選手ではあるものの、
世界最高の選手にはまだ到達していなかった。

さまざまな試行錯誤を経て、偶然ジョコビッチの試合をテレビで見ていた医師のアドバイスで、
食事の内容を見直した結果、
これまでとは明らかに違うからだになったということだ。

端的に言うと、その食事法の核は、
小麦断ち。
欧米では今や結構知られている食事法らしいが、
日本では一部の小麦アレルギーの人くらいしか知られていないのではないか。

著者は小麦に対する耐性がない体質で、
小麦を断ったことでみるみる体調がよくなり、
テニスでもランキングをあげることに成功し、
ウィンブルドンをはじめ多くの大会で優勝することができた。

アレルギーや耐性のない人でも、
小麦を断つと体調がよくなると書かれているので、
どの程度科学的に証明されているかはわからないが、
とにかく2週間試してみる価値はあると思った。

実家がピザ屋で子供のころからピザをよく食べていたというのも
なんだか切ない。

著者の食事を中心に書かれているのはもちろんだが、
半自伝的な内容のところも興味深い。

著者はセルビア出身。
旧ユーゴスラビアの民族紛争で、
セルビアがNATOから空爆に遭い、
身近な人の死を幼くして経験していた様子。
シェルターで、断続的に続く空爆の騒音におびえていた日々
についても書かれている。
とてもテニスをするような環境ではなかったが、
それでもトッププレイヤーになるという強烈な目的意識で
トップにまで上り詰める。

複雑な旧ユーゴスラビアについてもっと知りたいと思ったし、
セルビアが欧米から嫌われているというのも初めて知った。
(著者が日本のユニクロとスポンサー契約を結んだこともその辺に理由があるのか?)

世界NO.1のアスリートのライフスタイルや考え方に触れられるのは、
とても貴重だと感じた。

巻末にはおすすめ食材のリストや料理レシピも載っているので、
実践の参考になると思う。

個人的には全部は無理でも少しは実践したいと思ったが、
読み終わって、腹が減ってのあんぱんを食べてしまったので、
道のりは険しいと思う。












いつも食べてるあのお菓子の地方限定の味≪プリッツ ずんだ味≫


ダイズまるごと炭酸飲料≪SOYSH≫


本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

livedoor RECYCLE


古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】



スポンサーサイト


テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

翻訳本 | 13:32:25 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad