■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ハードボイルド×ミステリーの名作  マーガレット・ミラー著 黒原敏行 訳 「まるで天使のような」 
「まるで天使のような」

マーガレット・ミラー 著
黒原敏行 訳


ハードボイルドの味わいがありながら、ミステリーの醍醐味も味わえる名作。






冒頭から一気に物語にひきこまれる。

カジノで有り金全部をすったクイン。
知り合った男に、友人のいる町まで乗せてもらうはずが、
目的地の途中の、それも誰もいない山奥で車を下ろされる。
仕方なく近くにあるという「塔」に助けを求める。
そこは文明を嫌い、人里離れて共同生活を送る新興宗教の施設だった。
水と食べ物を与えられ、「祝福の修道女」に親切にされるクイン。
「祝福の修道女」はクインにとある人について調べてほしいと依頼する。
その男の名は「パトリック・オゴーマン」
早速、クインはオゴーマンについて調べ始めると、
数年前に交通事故に遭い、失踪していることがわかる。

このあらすじだけでも、結構興味をそそられると思うが、
実際読むとそれ以上に没頭してしまった。

展開が早いし、文章も読みやすいし、心地いい。
会話の受け答えもしゃれている。
前半は、オゴーマンについて調べるクインのまわりで、
いろいろと起きて目が離せなくなる。
深い闇の中を探検調査するときのような、
不安でありながらも何かを期待しているような、
そんな感じ。

後半は、調査で会った人やわかった事実から、
クインがいろいろと推察している様子が描かれる。

クインがオゴーマンについて調べる小さな町、チコーテ。
油田での労働者が大半で、さびれている田舎町。
できることならば別の町に行きたいが、
仕方なくここで生活を送っている人々。
田舎ならではの閉鎖的で、陰鬱な感じがよくわかる。
どうにもならない人生から抜け出そうと考えるが、
日々の生活でそのことを直視せずにいる。

読了後、振り返ると、
日常からどうにか抜け出そうとしたオゴーマンの心情が
じんわりと伝わってくるように思った。


元々探偵をしていたというクインだが、
鋭い嗅覚で事件と事件、人と人を結びつける様子をみると、
カジノで金を全部なくし、
人里離れた山奥に放置されるような荒んだ生活をしていたとは思えない。

印象に残ったのは、
クインがオゴーマンの妻のマーサを探してキャンプ場に行き、
事件についてだけだなく、いろいろと話すところ。
会話をしながら、互いに探り合い、
二人の関係が徐々に変化する様子が、
生々しく描かれていると思った。

ラストの数行にはもちろん驚いたが、
それを加味しなくても十分に楽しませてくれる一冊だと思った。











いつも食べてるあのお菓子の地方限定の味≪プリッツ ずんだ味≫


ダイズまるごと炭酸飲料≪SOYSH≫


本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

livedoor RECYCLE


古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】



スポンサーサイト


テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

翻訳本 | 21:23:11 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。