■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
障害者だからって、そんな目で見るなよ デイヴィッド・ヒル著「僕らの事情。」
一時期、大ブームとなった翻訳物の児童書。
今でも出てるんですよー。

というわけで、今日はニュージーランド発の青春小説。
デイヴィッド・ヒル著「僕らの事情。
です。

僕らの事情。 僕らの事情。
デイヴィッド ヒル (2005/09)
求龍堂
この商品の詳細を見る


ニュージーランドの学校って、8年間の初等教育(日本での小学校と中学校)の後に、5年間の中等教育(日本の高校)に進むんだって・・。

主人公のネイサンは、「10年生」。
まぁ、平たく言えば、中坊(2ちゃんねるの厨房)だね。
ネイサンの目を通した日常と障害者のサイモンとの交流が描かれる。

一番の友達、サイモンは車椅子に乗っている。
遺伝性の不治の病、「筋ジストロフィー」という病気に罹っているんだ。全身の筋力が徐々に衰え、自分では動くこともできなくなり、死に至るという難病。

しかし、このサイモン、口が悪く、障害者として哀れみを受けるのをすごく屈辱に感じる。
だから、いつも冗談を言って友達を和ませ、軽口をたたきまくる。
普通に接してもらいたい。障害者として気をつかってもらいたくない。
そんな想いからそうしているんだろうけど、いじらしくてジーンとくる。

妹の“文句たれのフィオナ”、担任のキッドマン先生、離婚した母と父。
多感な少年時代の迷いや心の揺れは、「そうだ、あの頃って、こんなんだった」と昔を懐かしみながら、時には、思い出したくないような恥ずかしいことや心の鈍い痛みを感じながら読んだ。

何より、少年時代のこれから輝きを増す人間と、死へと着実に突き進む人間の皮肉に満ちた対比。
厳しすぎる現実に、心を打たれずにはいられない。

ネイサンは、心の奥にある本音を母に打ち明けて、自分を責める。
障害者を前に誰でも考える利己的な考え。

・・・ときどき、罪悪感で頭がいっぱいになるんだ。
サイモンは体が不自由なのに、ぼくは健康だから。


だけど、罪悪感を覚えるのと同時に、喜んでもい
る。ぼくは大丈夫でよかった、悪いところが何もなくてよかったって


障害者に対してどういう考えを持つべきなのか、どう接すればいいのか。
まだ人生経験の少ない人間の本当の心。
 
その存在を忘れかけていた俺の純真さの欠片が、少しだけ疼いた。

でも、この主人公よりも何年も多く生きてきた今でも、結構、いろんなことで迷うし、悩んでいるな。これって、一生続くんだろう。

あの頃から俺って何にも変わってない。
ぜんぜん、成長してないよ。むしろ退化してるな。

ああ、とりあえず、戻りてぇー、中坊に。
そう、強烈に思った一冊です。

ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓


読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

本・CD・DVDを売ってみませんか?高価買取なら livedoor?リサイクル


レンタルなんて面倒くさいという方。家に居ながら好きな映画が観られます。
<★ 映画もアニメも、格闘技も ★>見たい作品は、見たい時に見る!

【PCがあればそこが映画館♪】
レンタルビデオに行くよりお得っ!映画を月2本525円で視聴!シネマナウへGo! 



格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード
スポンサーサイト


テーマ:児童文学・童話・絵本 - ジャンル:小説・文学

翻訳本 | 01:39:08 | Trackback(1) | Comments(6)
コメント
こんにちは。はじめまして。

トラックバックありがとうございます。こちらもトラックバックさせていただきますね。
またゆっくり遊びに来させてください。
2006-07-24 月 08:37:41 | URL | shoko [編集]
先ほどコメントしたのですが、トラックバックなぜか受け付けてもらえませんでした。

あと、確認したらうちのほうもトラックバックできていませんでした。
なぜでしょうね? (泣)
2006-07-24 月 08:42:17 | URL | shoko [編集]
>shokoさん

コメントありがとうございます

また訪問させていただきます
2006-07-24 月 10:52:03 | URL | タウム [編集]
こんにちは。
TBとコメントありがとうございました。

ネイサンの戸惑い、子供らしくてよかったですね。
そういう初々しさが新鮮でした。
2006-07-24 月 23:04:14 | URL | なな [編集]
コメントありがとうございました。
TB、上手くいかなかったみたいですね。うちのブログ、初めての方からのTBが受けられないんです。ごめんなさい。こちらから、送りますね。
2006-07-25 火 00:24:51 | URL | せいこ [編集]
>ななさん

コメントありがとうございます
おっしゃるとおり、ネイサン、好感が持てます。

>せいこさん

コメントありがとうございます。
またお邪魔します。
2006-07-27 木 22:33:00 | URL | タウム [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「僕らの事情。」デイヴィッド・ヒル
僕らの事情。デイヴィッド ヒル, David Hill, 田中 亜希子15歳の少年、ネイサン。親友のサイモンは筋ジストロフィーという病気で車椅子の生活を送っている。家族の事。女の子の事。人の生死の事。サイモンとの日々。父と母は別居中。母ときゃぁきゃぁうるさい妹、しつけさ 2006-07-24 Mon 22:53:55 | ナナメモ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。