■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
疑惑の「殉愛」騒動にトドメの一冊   角岡 伸彦 , 西岡 研介 , 家鋪 渡  他 著 「百田尚樹『殉愛」の真実」
「百田尚樹『殉愛』の真実」
角岡 伸彦 , 西岡 研介 , 家鋪 渡  他 著


疑惑のベストセラー、「殉愛」の検証本です。
「殉愛」を読もうとしている方や読んだ方は必読の一冊。
「家敷さくら」なる人物の本性に驚くこと必至です。



「殉愛」騒動に初めて触れたのは、百田さんのツイートからだった。
ネットの住民がたかじんの再婚相手の経歴を詮索していることを非難する内容だった。
「殉愛」も読んでなければ、「金スマ」も見ていない状態だったので、「殉愛」についての世間の評判が明らかになってから興味を持ち始めたので、この本を読むまでは、家敷さくらや百田尚樹さんがなぜそれほど非難されるか、あまりピンとこなかった。「殉愛」の善悪をハッキリ描いている人物像は、ノンフィクションとして問題あると思ったが・・・。


本書では「殉愛」で描かれた家敷さくら像とは
まったく別の姿が暴かれている。
逆に、非情で性格の悪い人間に描かれていたたかじんの実の娘や、
マネージャーもまったく違った人間だと書かれている。


強引に口説かれた女が、
たかじんの持っている資産や金にまったく興味を示さず、
たかじんを深く愛して、無償の愛で、
末期がんの男を献身的に介護して最期をみとる・・・。
それが「殉愛」の核だ。

しかし、本書によるとたかじんの死後、
自宅の金庫にあった3億近い金の大半は
自分のものだとさくらは唐突に主張し始める。
その根拠はたかじんとさくらが業務委託契約を結んでいたからという。
つまり、無償の愛などではなく、
有償、それもとてつもなく高い愛だったことになる。

「殉愛」の設定が根底から崩れている。


さくらの主張を裏付ける根拠として、
たかじんが書いたとされている疑惑のメモについても
本書は筆跡鑑定と書かれている内容で検証している。
とても納得できる内容で、
これまで付き合いのあった人も、
たかじんの筆跡とは似ても似つかないと言っている。


その他、さくらと百田尚樹さんの言動に対する反論や検証が行われるが、
読んでいくとゾクゾクして何とも言えない恐怖を感じた。
それは、「さくら」なる人物の意図が容易に想像できるからだ。

何となく頭に浮かんだ言葉は「後妻業」。

端から金目当てで近づき、その卑しい魂胆を隠すために売れっ子作家に美談の本を書かせた。そして、無償の愛に信憑性をもたせるため、たかじんの筆跡に似せてさまざまなメモを偽造したのではないか。


一体このさくらという人物はどういう人間なのか。
これまでどんな人生を歩んできたのか。
自然と関心はそこに向かう。

多くの人が批判したように、
さくらに離婚歴があることを「殉愛」では書かれていない。

本書ではその離婚歴も取材している。
たかじんと付き合い始める前のイタリア人だけではなく、アメリカ人や日本人とも離婚しており、最初の日本人との結婚では日本国籍を取得して帰化し、離婚後も元夫の姓を名乗り続ける。

2度目の結婚のアメリカ人の元夫が取材に応じていて、さくらが金に執着していた様子を語っている。

アメリカに留学していたとか、叔父さんが(5000万円をくれた)いるとか、出てきたエピソードも次々否定されている。

名前を変え、経歴を偽り・・・。
「経歴ロンダリング」
本書がそういうのも納得できる。

次の興味は、百田さんがこのさくらなる人物をどこまで理解して「殉愛」を書いたかということ。できるならば百田さんも騙されていたと思いたかった。

たかじんの遺言で、遺産を寄付する予定の母校や団体に対して行われたさくらの寄付放棄要求交渉。その会合の場に百田さんも出席している。かなり深くまでさくらを知っていたのではと考えてしまう。どうしてそこまでこの人物に入れ込むのか、不思議で仕方ない。週刊文春に載るはずだったさくらの記事を圧力をかけて掲載を止めさせたほどだ。

たかじんの死と、死後に家族への連絡を頑なに拒み、火葬を急いでいることにも疑惑の目が向けられている。


疑惑の深さは想像以上だった。

「殉愛」を読んだ人はもちろん読んでいない人にもおすすめしたい。有名人に近づく特異な人物が本当に実在するのを実感できる。そして、スキャンダルを正義感丸出しで取り上げていた、週刊文春や週刊新潮やFRIDAYなどの週刊誌が人気作家の圧力に容易に屈する出版業界の作家タブーという事実もよくわかる。







いつも食べてるあのお菓子の地方限定の味≪プリッツ ずんだ味≫


ダイズまるごと炭酸飲料≪SOYSH≫


本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

livedoor RECYCLE


古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】



スポンサーサイト


テーマ:ノンフィクション - ジャンル:本・雑誌

ノンフィクション | 12:11:17 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。