■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
現場に残された証拠品から真犯人を割り出す。  ラッセル・エドワーズ 著 「切り裂きジャック 127年目の真実」
「切り裂きジャック 127年目の真実」
ラッセル・エドワーズ 著

切り裂きジャックの犯行現場にあった証拠品を手に入れた著者が
科学的な手法で真犯人を解明していく





切り裂きジャックについて漠然とは知っていたが、
本書を読んでその犯行の様子を知ると、
想像以上に残忍で驚いてしまった。
被害者の娼婦を殺すだけでなく、
内臓をえぐりだし、
頭部が切り離されるほどに首をきりつけ、
鼻や耳を切り取ったりしている。
そして、犯行を重ねるうちにその残忍さは、
激しさを増している。

著者は作家とか研究者ではなく、
切り裂きジャック研究家。
実業家で会社経営の合間で、
切り裂きジャックに取りつかれて、
研究している。
イギリスにはこういう人が多いのだろう。

著者の経歴とともに、
どんな風に切り裂きジャックと出会い、
ハマっていったかも語られる。

そして、本書に核となる証拠品を手にいれる過程も描かれる。
それは、犯行現場に残されていたとされるショール。
オークションにかけられたが、
競り落とされず、その後著者が買い取ることになる。

このショールには血と思われるシミが残されていた。
そのシミから事件や犯人の手掛かりが何かつかめないかと、
解析や分析する。


切り裂きジャックについて、
さまざまな憶測があり、
いろいろな真犯人説が飛びかって、
多くの書籍があるのも知っていたので、
127目の真実と言われても、
あまり期待はしなかったが、
ラストには明確な結論に達している。

終版に描かれる、
血のシミや新たに見つかった精液と思われる、
犯人の痕跡からDNAを取り出して、
分析する様子はとてもドラマチックだった。

分析を担当する専門家のトラブルや、
取り出したサンプルが紛失するなど、
さまざまな困難に見舞われながらも、
真犯人へとたどり着く。

DNAの取り出し方や分析方法など、
かなり専門的な内容にはちょっとウンザリしてしまったが・・・。


驚いたのは、
当時の捜査当局は、
有力な容疑者を特定していたということ。
手掛かりもないまま、
捜査が暗礁に乗り上げていたと勝手に思っていたので、
意外だった。

捜査が順調に進展していれば、
犯人が逮捕されていたかもしれない。


犯行の様子が発生順に書かれていたが、
当時のロンドン・ホワイトチャペルの街の状況や、
その当時の住民、社会の底辺の人たちの生活も描かれ、
それも興味深かった。

長らく闇に隠されていた切り裂きジャックの真実に
一歩一歩迫っていく過程は
読んでいてゾクゾクして興奮がおさまらなかった。










いつも食べてるあのお菓子の地方限定の味≪プリッツ ずんだ味≫


ダイズまるごと炭酸飲料≪SOYSH≫


本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

livedoor RECYCLE


古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】



スポンサーサイト


テーマ:ノンフィクション - ジャンル:本・雑誌

ノンフィクション | 00:17:55 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。