■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
名作の映画化  「プライドと偏見」
ジェーン・オースティン
といえば、18世紀から19世紀のイギリスの中流社会を描いた作家で本国では、大切に読み継がれている作家の一人。

当時の社会情勢や恋愛事情、女性の立場など鋭い人間観察をもとに小説を書いています。いまでは考えられないような女性の弱い立場におどろくが、そこで繰り広げられている人間たちのやり取りの数々は現代とさほど変わらない。

だから、今でも人気の作家のひとりで居られるのだろう。
その代表作、「高慢と偏見」を映画化した作品を見たので今日はその感想です。

その名も

「プライドと偏見」 です。

プライドと偏見 プライドと偏見
キーラ・ナイトレイ (2006/06/23)
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
この商品の詳細を見る



原作が「高慢と偏見」のタイトルだというのに、映画のタイトルは「プライドと偏見」。

高慢という言葉が、引っかかったのかね。
自分としては原作のほうが好きだけど・・・。

女性が相続を許されていなかった当時のイギリス。
年頃の女とその家族の関心はもっぱら、いい男を見つけるということ。

五人姉妹を持つベネット家も、関心は娘の嫁ぎ先。
近くの屋敷に金持ちの男が滞在しているとか、パーティーでダンスにさそわれたとかが娘たちと母親の話題の中心。
ドナルド・サザーランド演じる父親は、どっしりと構えてその様子を静観している。(それが、結構よかった)

次女のエリザベスと資産家のダーシーが話の核。
二人の出会いと心の移り変わりを描いている。

「高慢と偏見」
つまり高慢な男と偏見を持つ女ということ。
二人の出会いは最悪。
エリザベスは、この人だけは絶対いやと思うほどダーシーの高慢さに
嫌悪感を覚える。

姉の恋愛を邪魔するし、ダーシーの父が面倒を見ていた男につらくあたるし・・。

なんていやな奴

しかし、物語が進むにつれダーシーの本当の姿が分かってくる。
そして、二人はお互いに惹かれ始め、互いの気持ちを理解し始める。

現在の恋愛漫画にあるような展開なのだが、最後まで飽きずに見られました。

実は、この作品は、BBCで完全に映像化(高慢と偏見 / コリン・ファース)されており、自分もNHKでそれを見てなんと面白いのかと感激したのを覚えています。

その感動があるもんだから、どんなもんかねとちょっと斜に構えていたがこれがまた、なかなかよかった。

エリザベスを演じるキーラ・ナイトレイが、物怖じせず誰にでも自分の考えをはっきりしゃべる頑固な娘をうまく演じていたと思う。

娘の幸せを願う、両親。
姉妹それぞれの個性の表現。
一家の土地・建物を相続することになった牧師の変さ加減。

イギリスが自国の作家や文化、あるいは伝統をいかに大切にして、後世に伝えようとしているかがにじみ出ている。

出てくる立派なお屋敷やお城はすべて現存するもの。
300年くらい前からのものをちゃんと保存しているって事。

それから、景色のきれいなこと。
羨ましいね。

女性なら、必ず満足できる作品だとと思いますよ。
よかったらどうそ!

ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓


読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

本・CD・DVDを売ってみませんか?高価買取なら livedoor?リサイクル


レンタルなんて面倒くさいという方。家に居ながら好きな映画が観られます。
<★ 映画もアニメも、格闘技も ★>見たい作品は、見たい時に見る!

【PCがあればそこが映画館♪】
レンタルビデオに行くよりお得っ!映画を月2本525円で視聴!シネマナウへGo! 



格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード


スポンサーサイト


テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

DVD | 07:45:30 | Trackback(6) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プライドと偏見 PRIDE & PREJUDICE
キーラ・ナイトレイ、ドナルド・サザーランドマシュー・マクファディン主演ジェーン・オースティン原作の映画化18 世紀後半のイングランドのハートフォードシャーにベネット家がありますその時代は階級による支配関係がまだはっきりしていましたベネット家は一応使用人を使 2006-07-22 Sat 11:00:26 | travelyuu とらべるゆう MOVIE
プライドと偏見
男はプライドを捨てきれない。女は真実が目に入らない。監督:ジョー・ライト出演:キーラ・ナイトレイ、マシュー・マクファディン、ドナルド・サザーランド他劇場:TOHO CINEMAS 川崎公式サイト: http://www.pride-h.jp/■ストーリージェーン・オースティンの名作”Pride 2006-07-23 Sun 00:24:00 | きょうのあしあと
『プライドと偏見』
文芸の世界がみずみずしくリズミカルによみがえる。軽快でありながら、ロマンティックで満足。18世紀末のイギリスの田舎町。5人姉妹がいるベネット家の隣に大富豪のビングリーが引っ越してきた。長女ジェーンとビングリーが互いに惹かれ合う一方で、快活な次女エリザベスは 2006-07-23 Sun 01:30:24 | かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
プライドと偏見
美しい映像と古典作品なのに判り易いストーリーで、良質の小説を読んでいる時のように、別世界にゆったりと浸れる映画だと思いました。例によって予備知識ゼロで観ていて、「いつか晴れた日に」と「ブリジット・ジョーンズの日記」という二本の映画が似てる... 2006-07-23 Sun 10:15:46 | It's a Wonderful Life
「プライドと偏見」レビュー
映画「プライドと偏見」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *主な出演:キーラ・ナイトレイ、マシュー・マクファディン、ドナルド・サザーランド、ブレンダ・ブレシン、ロザムンド・パイク、ジュディ・デンチ、サイモン・ウッズ、ルパート・フレンド、 2006-07-23 Sun 15:12:45 | 映画レビュー トラックバックセンター
プライドと偏見
こんにちは、ブラペです。映画DVD『プライドと偏見』を見ました。感想かいています。プライドと偏見監督:ジョー・ライト出演:キーラ・ナイトレイ , マシュー・マクファディン , ブレンダ・ブレッシン , ドナルド・サザーランド... 2006-07-27 Thu 08:10:25 | 映画DVD 『シビれるこの一本』

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。