■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ドイツの小村の森で発見されて死体。腹が切り裂かれ、胎児が消えていた。 「漆黒の森」 ペトラ・ブッシュ 著  酒寄進一 訳
「漆黒の森」
ペトラ・ブッシュ 著
酒寄 進一 訳


ドイツの小村の森で見つかる若い女の死体。
遺体の腹は切り裂かれ、妊娠中だった胎児が抜き取られていた・・・・。
暗くて悲しい、ドイツミステリー。

漆黒の森 (創元推理文庫)漆黒の森 (創元推理文庫)
(2015/02/13)
ペトラ・ブッシュ

商品詳細を見る




物語は、若い女の死体の発見から始まる。
発見したのは、トレッキングのガイドブック執筆のために、
森に分け入っていた編集者のハンナ。

その後、通報を受けてやってくる捜査責任者で、
主任警部のモーリッツ。

モーリッツの捜査の様子を基本に、
話が進むが、ハンナが所々で登場して、
捜査を妨害されたと感じたモーリッツをいらだたせる。

モーリッツとハンナのそれぞれの人生が、
少しづつ語られて、
捜査の進展とともに
二人が抱える事情が分かってくる。
そして二人の関係や距離が、
徐々に変化していく。

できればこの二人の関係をもっと描いてほしかった。
ハンナがもっと捜査に絡んで来たらおもろくなったかな・・・、
と少し物足りなかった。

死体を発見した後にも、
村に滞在していたのだから、
勝手に真相を探ろうと動き回ってもよかった。

家族の秘密とか村の伝説とか、
隠されていた暗い過去が明らかになる感じが、
横溝正史の作品をイメージさせた。

殺された女、エリーザベトの両親、兄、弟、義理の姉、
幼馴じみの男、その妻、親友の女。
限られた人間関係の中で話は進んでいくが、
それぞれの人物の形があまり浮き上がってこなかったのが残念。
支配的で弟ばかりを溺愛する母と、
その母に従順な父。
その関係はなかなかよかったと思うが、
そのほかの親子関係や幼馴染の関係、
親友の関係があまり書ききれていないように思った。

真相が明らかになっても、
あまりしっくりくる感じはしなかった。

特別な埋葬法とか、知らなかったことが書かれているところは
興味深かったが、
自閉症とか、サヴァン症候群とか、
どこかで見たような印象。

真相が明らかになるまでの記述が長すぎるし、
事件の発端となった時代の回想とか記述が
もう少しあってもよかった。
全体的にバランスが悪く感じた。

小村の閉鎖的で排他的な共同体の中で、
事件の真相を追い求めるモーリッツの姿には、
惹きこまれるものがあった。

飲み屋のマスターや老婦人など、
もっと物語に絡ませると魅力が出ていたんじゃないかと
想像しながら読み終えた。


漆黒の森 (創元推理文庫)漆黒の森 (創元推理文庫)
(2015/02/13)
ペトラ・ブッシュ

商品詳細を見る




いつも食べてるあのお菓子の地方限定の味≪プリッツ ずんだ味≫


ダイズまるごと炭酸飲料≪SOYSH≫


本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

livedoor RECYCLE


古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】



スポンサーサイト


テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

翻訳本 | 12:50:16 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。