■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

人生を2度生きるために・・・    ちきりん 著 「未来の働き方を考えよう 人生は二回、いきられる」
「未来の働き方を考えよう」
ちきりん 著



人気ブロガーによう働き方の提案が書かれている。
少子化、高齢化、IT革命など現在の日本を分析しながら、新たな働き方を考察している。


未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる
(2013/06/12)
ちきりん

商品詳細を見る






著者のちきりんはまったく知りませんでした。
外資系の企業で働いていた経験を持つ、
人気のブロガーだそうです。


失礼ながら、
表紙の軽薄な印象からは
想像もできないような真っ当な内容でした。

前半は今の日本の社会の現状を分析しています。
IT革命や少子化、高齢化。
日本や人類はかつて経験したことのない社会を
迎えようとしているというもの。

このあたりの分析はわかりやすく、
普通に納得してしまった。
特にIT革命はなぜ革命と呼ばれるのか
というところはなるほどと思ってしまった。


その前半の分析を踏まえて、
後半は未来の働き方の提案をしている。

いろいろと書かれているが、
簡単にいうと、
人生で1社だけで働くよりは、
40歳くらいで、
もうひとつの会社に就職してみてはどうかと提案している。
それはある程度年齢や経験をへて、
社会のしくみや会社や仕事を理解した人が、
今後の人生を豊かにできる仕事を探そうという提案。

週休2日が当然の仕事だとするのは、
もう古くなるかも知れない。
人生の後半、自分はどんな毎日を送りたいのか、
そして、自分は何を楽しみにすごしていくのか。
それを考えて働き方を決めて行こうというもの。
働く時間や引退の時期も自分にあったものを
探そうという。

著者が外資系の企業に勤めていたからなのか、
とても合理的でわかりやすかった。
ひとつひとつ納得できる点が多かったのだが、
あえて意見を言わせていただくと、
ちょっと西洋的な考えにかぶれすぎているのではないか、
と思ってしまった。

日本は長く続いている企業が世界一多いという。
何百年と続いている老舗が結構ある。
愚直にも同じ商売を何年も何年も続けている企業。
そこに働く人も高い技術を武器に、
何年も同じ仕事を職業にしている。
いろいろな社会の波にもまれながら、
何百年の続いてきたという事実は結構重いことだと思う。

時間や人生を支配できると勘違いしている
西洋の合理主義的がすべてではないと思うのだが・・・。


これからの日本の真の社会の豊かさとは、
それぞれの生き方を充実をさせていくしかない。


これからの働き方、生き方を考えている人には、
とても参考になる一冊になると思う。



未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる
(2013/06/12)
ちきりん

商品詳細を見る





いつも食べてるあのお菓子の地方限定の味≪プリッツ ずんだ味≫


ダイズまるごと炭酸飲料≪SOYSH≫


本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

livedoor RECYCLE


古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】




スポンサーサイト


テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

ノンフィクション | 00:34:35 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014-08-19 火 15:56:08 | | [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014-08-21 木 19:47:42 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad