■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

日本代表フォワード、岡崎選手の著書。  岡崎慎司 著  「鈍足バンザイ!」
「鈍足バンザイ!」
岡崎慎司 著

ブラジルW杯で活躍が期待される、
日本代表のレギュラーフォワードの著書。
親しみやすい人柄がよくわかる一冊です。



鈍足バンザイ!  僕は足が遅かったからこそ、今がある。鈍足バンザイ! 僕は足が遅かったからこそ、今がある。
(2014/04/24)
岡崎 慎司

商品詳細を見る


有名人の本を読むのはかなり久しぶり。
はじめはこの種の本のノリになかなか慣れなかった。
本人が語ったことを、
別の人間が文章におこした感じ・・。

内容やテーマによって、
章には分かれているが、
脈絡なく岡崎選手の雑談を聞いているようだった。

とはいいながら、
注目のサッカー選手の人となりがわかって、
興味深かったし、
今さらながら、プロスポーツ選手の厳しさを思い知らされた。

岡崎選手は順調にサッカー人生を歩んでいたのかと、
勝手に想像していたが、
プロとして初めて所属した清水エスパルスでは、
なかなか試合に出られなかったそうだ。
タイトルにもあるとおり、
プロとしては足も遅かったとのこと。

それでもあきらめずにコーチや先輩のアドバイスを参考に、
練習を重ねた結果、試合に出られるようになる。
本にも何度も出てきて、本人も自覚しているのだが、
岡崎選手は「後輩」キャラのようだ。
多くの先輩にかわいがられ、
さまざまなことを教わって成長している。
読んでいてすごくうらやましく思った。
常に自分を向上させようと、
意見やアドバイスを取り入れる姿勢はそう簡単ではないと思う。

性格がネガティブというのには驚いた。
常に悪い方に物事を考えているとのこと。
そうすれば、最悪のことが起こっても落ち込まずにすむそうだ。
いいことがあっても、悪いことがあっても、
あまり感情を表に出さないとも言っている。

熾烈な競争にさらされるプロ選手にしては、
とても穏やかで、よく活躍できていうなと思ってしまうが、
同じ感想を同じ日本代表の本田選手も発言している。

見た目や言動など、
本田選手とはまったく対照的な岡崎選手。
迷わずに岡崎選手の方を応援したいと思った人は、
少なくないのではないか。

ブラジルW杯がますます楽しみになった。
できれば岡崎選手がゴールをたくさん決めて、
決勝トーナメントに進出できたら最高だ。







鈍足バンザイ!  僕は足が遅かったからこそ、今がある。鈍足バンザイ! 僕は足が遅かったからこそ、今がある。
(2014/04/24)
岡崎 慎司

商品詳細を見る





いつも食べてるあのお菓子の地方限定の味≪プリッツ ずんだ味≫


ダイズまるごと炭酸飲料≪SOYSH≫


本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

livedoor RECYCLE


古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】



スポンサーサイト


テーマ:ノンフィクション - ジャンル:本・雑誌

| 19:33:21 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad