■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

古本マニアの膨大な本の苦しみ  岡崎武志 著 「蔵書の苦しみ」
「蔵書の苦しみ」
岡崎 武志 著


本、特に古本の蒐集を趣味にしている人の、本の整理や所蔵に関して書かれている本。
たくさんの本を持つことがいかに大変なことかがわかる一冊。



蔵書の苦しみ (光文社新書)蔵書の苦しみ (光文社新書)
(2013/07/17)
岡崎 武志

商品詳細を見る


著者の書評家でライターの岡崎武志さんは古本マニアで、
相当の蔵書の持ち主。
本の蒐集に取り付かれて、
部屋のありとあらゆる場所を本で占領されている人々の
苦しみを有名・無名、新旧、いろんな人のエピソードを紹介している。

著者によると、本は知らないうちに増殖し、
場所を確保してもすぐにいっぱいになり、
徐々に生活のスペースまで侵食するようになるとのこと。
さまざまな古本マニアが登場するが、
本が多すぎて、寝る場所以外はすべて本がおいてあり、
積み上げた本が地震で倒れてきて危険な目に遭っている。

膨大な本を火事で失う様子が、
意外と美しいというエピソードや、
新築した家に窓を作らずに壁中に本棚を作りつけた、
マニアには垂涎の家の話も登場する。

あとがきにもあるが、
いろいろな蔵書の苦しみの話が出てくるが、
そのすべてが一種ののろけや自慢話としか思えなかった。
それでもとってもうらやましく感じる。
それほど熱中できるものを持てるなんて・・・。

これ以上本を増やしたくない人は、
この本は読まないほうがいいだろう。
なぜなら、蔵書の苦しみと一緒に、
さまざまな本も紹介されていて、
読みたくなる本がたくさん出てくるから・・・。

著者の文章が単純に好きだ。
軽快で読んでいて疲れないし、
相当な知識を持っているはずなのに、
ひけらかす感じがなく、
読者と目線の感じが好感がもてる。

新刊ばかりを注目していたが、
古本もたまには読んでみようと思ってしまった。





蔵書の苦しみ (光文社新書)蔵書の苦しみ (光文社新書)
(2013/07/17)
岡崎 武志

商品詳細を見る




いつも食べてるあのお菓子の地方限定の味≪プリッツ ずんだ味≫


ダイズまるごと炭酸飲料≪SOYSH≫


本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

livedoor RECYCLE


古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】



スポンサーサイト


テーマ:新書 - ジャンル:本・雑誌

新書 | 03:00:43 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad