■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
側近が語る独裁者の姿  H・エーベル M・ウール著 高木玲訳「ヒトラー・コード」
戦後60年過ぎて、最近再び注目されている、国家社会主義ドイツ労働者党党首、アドルフ・ヒトラー。

ロシアの極秘の資料室から、新資料として見つかったのがこの本、

「ヒトラー・コード」 

H・エーベル M・ウール著 高木玲訳

であります。


ヒトラー・コード ヒトラー・コード
エーベル.H、ウール.M 他 (2006/01/27)
講談社
この商品の詳細を見る


この本のことを訳者があとがきで語っています。

「2005年、ロシアの公文書館でじつに衝撃的な文書が発見された。アドルフ・ヒトラーのごく身近に仕えた親衛隊兵士ふたりの供述をもとに、ソ連NKVD(のちのKGB)が編纂した独裁者アドルフ・ヒトラー伝である。しかもそれは、ヨシフ・スターリンというもう一人の独裁者を唯一の読者に定めた文書であった」    訳者あとがきより

スターリンはヒトラーに余程興味があったらしく、戦後、捕虜として捕まえた側近二人にヒトラーについての詳細な調査を何度も行う。
その成果の一部がこうして、日の目を見て世界中でベストセラーになったというわけだね。
歴史の一部に触れてるって感じでドキドキ。


ヒトラーは、自殺したとされているが、ソ連軍の追跡をかわし、ひそかに生き延びているのではとまことしやかに語られている。
そのことも、スターリンのヒトラーに関する興味につながっているかもしれない。
実際、ピストル自殺とされた死因は、遺体の検査では、服毒自殺とされ謎の部分が残されている。

全編、ナチス党の党首としてすごした戦中のことが事細かに語られている。
いつ、どこにいき、誰に会い、何をしゃべり、どう行動したか。

ヒトラーの意外な面も明らかになるが、当時の社会情勢、ヨーロッパでいかにナチスドイツを周辺各国が脅威に感じていたかが良く分かる。
停戦交渉や降伏文書の調印式などの外交場面が当事者の目線で描かれる。

国境を接する国々を次々と併合していくナチス。
残されたのは、イギリスとロシア。
ヒトラーはイギリスを攻める前に、ロシアに討って出る。
しかし、ナポレオンも失敗したロシア遠征。
ナチス・ドイツもやはり、手痛い敗北を喫する。
スターリングラードでの敗北以後、敗戦へとナチスは転がっていく。

イギリスを先に攻めていれば、歴史が変わったかも・・。
(そんなことないか・・・・)

ヒトラー、その偏食ぶりにも驚かされる
ベジタリアンだったが、チョコレートボンボンだけは山のように平らげていた。
晩年、その偏食が体に少なからず影響を及ぼしていたのでは、と言われている。

戦況が悪くなってきた戦争末期、ヒトラーは興奮剤を何本も担当医に注射させている。
それが、なければ人前で体勢を保てなかったほど、衰弱していたという。
(やっぱ、独裁者もいろいろ苦労があったのかな・・)

事実の羅列が膨大なだけに、読むのに一苦労。

しかーし、やっぱりこの資料をすごい。
独裁者の苛立ち、感情、息遣いまでもがわかる・・・・・と言えば大げさか・・。

ボリュームたっぷりで、読み応え十分な一冊でした。

クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓


読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

本・CD・DVDを売ってみませんか?高価買取なら livedoor?リサイクル


レンタルなんて面倒くさいという方。家に居ながら好きな映画が観られます。
<★ 映画もアニメも、格闘技も ★>見たい作品は、見たい時に見る!


格安DVDならここ!
タワーレコード
スポンサーサイト


テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

ノンフィクション | 06:12:47 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。