■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

「ニセモノ」とはズバリ安倍晋三のこと。 小林よしのり 著 「ニセモノ政治家の見分け方 -ゴーマニズム宣言ライジングー」
「ニセモノ政治家の見分け方」
ゴーマニズム宣言ライジング

小林よりのり 著


強気な発言が取り上げられている政治家が増えている。
不安定な時代だから、
心強い発言に溜飲を下げるのは理解できるが、
その政治家が本当に日本を思っているかは疑わしい。





ニセモノ政治家の見分け方 ゴーマニズム宣言ライジングニセモノ政治家の見分け方 ゴーマニズム宣言ライジング
(2012/12/19)
小林 よしのり

商品詳細を見る



20年以上、著者の本を読み続けている。
数少ない信頼できる知識人だと思っている。

それはこれまでの主張が真っ当であり、
そして、どこにでもあるような大衆的でワイドショー的な考えから、
大局的であり、一歩も二歩も進んでいるからだ。

本社はほとんどがWEBで発信された著者の文章をまとめたもの。
もちろん、ゴーマニズム宣言の漫画も掲載されている。
漫画だけでなく、文章でも才能を発揮している。

著者の主な主張は、

女性の宮家創設。
脱原発。
TPP不参加。

など。

かつて著者が「戦争論」を出版したころは、
世間はサヨク的な雰囲気が充満していて、
かなり物議を醸し、
主なメディアからはほぼ無視されていた。

それがいまや、ネットを中心に
ウヨクや排外主義の若者が増えている。
在日特権を批判し、韓流ブームでテレビ局に抗議のデモをしている。

時代とともに変化しているむせ金員な大衆を諌め、
その動きに乗っかっている政治家を批判している。

特に安倍晋三には手厳しい。
保守のプリンスと思われている安倍総理だが、
実は、世界的に「従軍」慰安婦=性奴隷というイメージを定着させて
張本人は安倍総理なのだ。

中国・韓国には強気の安倍総理だが
前回の政権の時の日米首脳会談で、慰安婦=性奴隷ということを訂正もせず、
ブッシュ大統領に謝罪している。

慰安婦問題でよく言われる河野談話があるが、
その河野談話よりも、この安倍総理の謝罪は罪深いといっている。
(安倍総理本人は謝罪を否定しているそうだ)

安倍総理は保守層にうけるような強気な発言をしていながら、
政権運営が困難になってきて持病の症状が悪化すると
あっさり政権を投げ出している。

当初、著者は安倍総理に好意的だったが、
言動が一貫していない様子で、
ニセモノと見抜いたようだ。

その主張を裏付けるように、
オバマ大統領と会談した安倍総理は、
TPP交渉参加を表明した。

今はまだ支持率が高い安倍総理だが、
そのうち困難な状況になると、
まだ政権を投げ出すおそれがあるとも入っている。

総理本人は、特効薬(アサコール)が開発されたので、
前回みたいなことはないといっているようだが・・・。

著者はいまや日本の総理大臣は、安倍晋三ではなく、
アサコールだ・・・とまで言っている。

脱原発や皇室の後継者の問題、尖閣諸島などの領土問題など、
反対の立場の知識人や政治家を挑発的に面白く批判して、
自らの主張を明確にしている。

数々の政治家と実際に接してきた著者だけに、
保守派という立場だけではもはや政治家は信頼できないことを
読者に訴えている。

勇ましく強気な発言は、
耳に聞こえいいが、
国を思い、日本の未来を考えている政治家は、
そういう発言をする人にはあまりいないのかもしれない。




ニセモノ政治家の見分け方 ゴーマニズム宣言ライジングニセモノ政治家の見分け方 ゴーマニズム宣言ライジング
(2012/12/19)
小林 よしのり

商品詳細を見る





いつも食べてるあのお菓子の地方限定の味≪プリッツ ずんだ味≫


ダイズまるごと炭酸飲料≪SOYSH≫


本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

livedoor RECYCLE


古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】



スポンサーサイト


テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

小林よしのり | 12:47:29 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad