■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

アダルトサイトで副業を・・・  沢田高士 著 「アダルトサイトの経済学」
アダルトサイトの経済学

沢田 高士 著


ビジネス書は読むものではなく、書いて金をもうけるもの・・・。
とは、ある知識人の発言。

すくなからず興味がある分野なので、
興味津々で読み進めました。


アダルトサイトの経済学アダルトサイトの経済学
(2012/12/19)
沢田 高士

商品詳細を見る






経済学とのタイトルはちょっと格式ばっているかな。
簡単にいうと、アダルトサイトのアフィリエイトのハウツー本。

冒頭は、アダルトサイトを中心に、ブログやアフィリエイトなどの
仕組みをを解説している。
ブログをやっている人にはおなじみの情報がほとんど。
初心者以外の人にはとくに真新しい情報はないと思う。

以前にもアフィリエイトの本を読んだことがあるが、
この手の本を書くには何かマニュアル的なものがあるのかなと思った。

ところどころでややこしくない程度に各種の数字をあげたり、
自らが経験した(ような)具体例や失敗例をあげている。
以前に読んだ本も似たような構成だった。

第2章は著者のアダルトサイトでの経験をつづったもの。
意外といっては失礼だがすごく興味深かった。
著者は実際にモデルを雇って、
アダルトサイトを運営していた。
そのモデルを雇う際の面接でのポイント。
モデルは、鼻の形や高さで選んでいるとのこと。
リアルな感じで説得力があった。

モデルと実際にハメ撮りして、
性病に罹った話や、
また、太っている女や不細工な女が
応募してきたときの断り方。
待ち合わせは喫茶店ではなく駅で待ち合わせて、
極力リスクやコストを抑える・・・などなど、
実際参考になるかどうかは別にして、
単純に読んでて面白かった。
なんというか、とにかくリアルで、
情景がうかんできた。
どんな仕事でもやっぱり大変なんだなぁーと関心してしまった。

後半には、実際にブログ解説する方法や、
アフィリエイトを実施する方法なども載っている。

アダルトサイトで収入を得られるようになるには
かなり精力的に更新しなけらばならないよう。

著者の実態がつかめないのがちょっと気になった。
ネットで検索してもブログやサイトは出てくるものの、
著者の画像は見当たらなかった。
まぁ、裏の社会の人だから仕方がないのかもしれないが、
やっぱり実態が見えないと書いてることの信憑性も薄れるように思う。

それでも、この分野に興味がある人は、読んで損はないと思います。




アダルトサイトの経済学アダルトサイトの経済学
(2012/12/19)
沢田 高士

商品詳細を見る




いつも食べてるあのお菓子の地方限定の味≪プリッツ ずんだ味≫


ダイズまるごと炭酸飲料≪SOYSH≫


本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

livedoor RECYCLE


古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】



スポンサーサイト


テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

実用本 | 12:17:14 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad