■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
死を招く悪魔のノート 漫画「デスノート」
映画を先に観て、原作に興味を持ち、読み始めました。
漫画を買うなんて、もう10年ぶり。
漫画を読む感覚を取り戻すのにちょっと時間がかかりました。

というわけで、今日は漫画の
「デスノート」です。

DEATH NOTE デスノート(1)DEATH NOTE デスノート(1)
(2004/04/02)
大場 つぐみ、小畑 健 他

商品詳細を見る


本当に久しぶりに漫画を読んだよ。

まぁ、人気の漫画なのでいまさら単に感想を書いてもしょうがないので、映画との違いを書こうと思います。

公開されている前編は、漫画だと3巻までの内容。

大きな違いは、主人公の月(ライト)の恋人の有無。
映画版では、詩織という恋人がいます。
前編の最後になぜ、恋人を登場させたかがわかります。
それも、鮮やかに・・・・。
(内容に関係するので、省略)

そして、年齢設定が映画版では、高校生ではなく大学生。
漫画で描かれる、年末や正月、センター試験、大学入学といった場面は省かれている。
それだけに映画版のほうが、まとまっていたように思う。

そして、月の行動を追跡するFBIのエージェント、レイ・ペンバー(変な名前)の婚約者、南空ナオミの行動とその死に方。
映画版は、この登場人物をもっと行動的にそして、積極的に描きます。それだけにドラマティック。

原作を映画にするにあたり、うまく省いて話の焦点を絞っているので緊迫感が増している。

映画版だけをほめているようだが、物足りない感じがするところもある。それは、デスノートは一体何なのか。死神のリュークがなぜそれを地上に落としたのかといった理由は映画版では描かれていない。
(その辺の詳細が知りたくて、漫画を読みはじめたのだ)
「退屈」で何か面白いことがないかという単純な理由で、人間界にデスノートを放り込む。
原作を読んで、理由はわかったが、デスノートがどういうものかという説明があればあるほど胡散臭く感じた。
その辺は、映画版のようにあっさりしていてもいいと思った。

あとは、主人公のイメージがやはり、藤原竜也だとぜんぜん違う。
もっとハンサムだし、藤原竜也だとなんかマニアックな感じがした。
反対に「L」はイメージどおりだと思う。(これは、デスノートファンにも賛同していただけると思いますが・・・・)
ほんとそのまんま・・。

以上 3巻まで読んでの比較でした。
 
映画を観ていない方はぜひおすすめ。
まぁ、原作に思い入れが強い人は、不満も有ろうかと思いますが一見の価値ありだと思います。

ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 本ブログへ

読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ
格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード


スポンサーサイト


テーマ:DEATHNOTE - ジャンル:アニメ・コミック

漫画 | 21:01:18 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
はじめましてこんにちは。NKと申します。
映画はまだ観てませんが原作は何冊か読みました。
このお話の一番の見所は主人公の行動ががだんだんエスカレートして行くところですね。
主人公は私のイメージとは少し違いますが、Lはイメージどおりですね。

デスノート、自分はもっててもいいけど、人がもっていたら嫌ですね。そしたら自分が殺されるかも知れませんから(笑)。
2006-08-28 月 23:11:02 | URL | NK [編集]
コメント ありがとうございます
>NKさん

はじめまして・・。
たしかにそうですね。
万能の力を手に入れたときの人間がどう変わるか。
人間の本性を描いてますね。

後編も10月に公開だそうですので、ぜひどうぞ・・・。
2006-08-28 月 23:15:58 | URL | タウム [編集]
早速レスありがとうございます。
もし、本当にこんなノートがあったら世界中を支配できてしまうでしょうねぇ・・・。
本当に怖いのは悪魔や死神ではなく人間だという事ですね。

もし、後半も観たら無理にとは言いませんが何か書いて下さい。
2006-08-28 月 23:52:34 | URL | NK [編集]
コメント ありがとうございます
>NKさん

ありがとうございます。
後半を観たら書かせていただきます・・・。
2006-08-31 木 22:25:51 | URL | タウム [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。