■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
難航する幼児殺人事件の捜査  ケイト・サマースケイル著 日暮雅通訳 「最初の刑事 ~ウィッチャー軽侮とロード・ヒル・ハウス殺人事件~」
最初の刑事
~ウィッチャー警部とロード・ヒル・ハウス殺人事件~

ケイト・サマースケイル著
日暮雅通訳



今年終了した、NHK BS「週刊ブックレビュー」で紹介されていた本です。
番組内では結構好評でした。



最初の刑事: ウィッチャー警部とロード・ヒル・ハウス殺人事件最初の刑事: ウィッチャー警部とロード・ヒル・ハウス殺人事件
(2011/05/20)
ケイト・サマースケイル

商品詳細を見る



タイトルが何といってもいいですよね。
「最初の刑事」

イギリスで最初の刑事に選ばれた8人のうちの一人、
ジョナサン・ウィッチャーと、
彼が担当し、当時のイギリス中で話題となった事件
「ロード・ヒル・ハウス殺人事件」を扱ったノンフィクションです。


まず最初の刑事が誕生する過程が興味深い。
それまで自分の受け持ち地域を担当する巡査はいたが、
地区を関係なく事件を捜査する公的探偵として
刑事が登場する。
警察とか犯罪とか、社会の近代化をちょっと考えさせられて面白い。

タイトルにある「ロード・ヒル・ハウス殺人事件」は、
イギリスののどかな村にあった上流階級の家で、
3歳になる子供が姿を消し、
数日後、敷地内の使用人のトイレから首をかき切られた死体として見つかる。
というもの。

当初、地元の警察が捜査するが、その後、
ロンドンからウィッチャー警部が派遣されることになる。

著者は、事件の捜査の様子を、
当時の新聞や雑誌を多く引用して描いている。
人々の興味に後押しされるように、
報道も過熱していく。
こういう事件やスキャンダルを大衆が求めているのは、
この頃から始まっていたのかと驚かされる。

事件のあらましはもちろん、
殺されたサヴィル・ケントの父のサミュエル・ケントと
その一家の家族構成。
使用人たちの詳細などなど、
次々と報道され、新聞紙上でも勝手気ままな捜査と
犯人探しが始まる。


小説の世界の犯罪や探偵と実際の事件が相互に影響していることも興味深い。
ディケンズをはじめ、当時の作家がこの事件に影響を受けている様子を
作品を例にあげて紹介している。

イギリス人は根っからミステリーとか探偵物の物語が好きなんだろうな。
単純に謎がすきなのかも。

イギリスでこの事件は、
切り裂きジャック事件についで有名な事件だそう。
多くの謎があり、捜査が難航するところが、
たまらないだろう。

ウィッチャー警部は捜査の結果、一人の容疑者を逮捕するが、
裁判では無罪となり、迷宮入りするかに見えた。

数年後、事件は急展開する。

その後のケント家のことも記していて、
最後まで面白く読んだ。

とくに、二人の女性と結婚し、
そのどちらとも若くして死別した
サミュエル・ケントの持病が、
二人の妻の死と、事件の発端になったのではないかという推理は
とてもスリリングで面白かった。

外国のノンフィクションでありがちな
脱線につく脱線で、
いろんなことを書きこんでいるので、
単純にのめりこむ程じゃなかったが、
興味ある方にはオススメの一冊です。





最初の刑事: ウィッチャー警部とロード・ヒル・ハウス殺人事件最初の刑事: ウィッチャー警部とロード・ヒル・ハウス殺人事件
(2011/05/20)
ケイト・サマースケイル

商品詳細を見る





いつも食べてるあのお菓子の地方限定の味≪プリッツ ずんだ味≫


ダイズまるごと炭酸飲料≪SOYSH≫


本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

livedoor RECYCLE


古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】




スポンサーサイト


テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

翻訳本 | 15:37:15 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。