■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
資産家の妻の小説執筆を依頼されて・・・。  森 絵都著 「この女」
この女

森絵都 著


「カラフル」以来、著者のファンなので、
無条件に新刊は読んでいます。

ということで「この女」も読んでみました。



この女この女
(2011/05/11)
森 絵都

商品詳細を見る



日雇い労働者の町として有名な大阪・西成区。
そこで働く若者・甲坂礼司が、知り合った大学生の紹介で、
ある仕事を引き受ける。

それは有名ホテルグループの経営者・二谷啓太の依頼で、
妻・結子の人生を小説にするという内容だった。

有名企業の社長が、一体何の目的で妻のことを
小説にしてくれと依頼するのか。

結局、仕事を引き受けた礼司は、
結子のことを調べ始める。

夫婦生活は破綻している二谷と結子。
結子はホテルを住まいとして自由奔放な生活をしていた。
本の取材で結子に会い、人生を調べはじめるが、
礼司は結子の奔放さに翻弄されていき、
なかなか小説は進まなず、
やがて依頼人の二谷とも連絡が取れなくなって・・・。


かつての児童文学作家から、完全に脱皮した森絵都さん。
「カラフル」は何度でも読み返したい名著。
「永遠の出口」もすばらしかった。
直木賞も受賞して、小説家としては上り詰めた感がありました。

新作が注目されている中でのこの本の刊行。
次はどんな作品が出てくるのかと楽しみでした。

読んだ感想は、かなり期待はずれでした。
これはかなりの失敗作ではないかと感じるほど。
謎めいた出だしで、すんなり物語に入り込めるのですが、
政治的な陰謀とか不遇な幼少体験とか、
その後の物語はいろんな方向に飛びまわります。

ビジョンが大きすぎて小説全体がまとまっていない感じ。

肝心な、「この女」の結子も、
物語が進むにつれて魅力を失っていくように感じました。

この本は、いままでの森絵都作品とはかなり雰囲気が違います。
おもしろくないと感じたのは、
こちらが期待していたような小説ではなかった
というだけかもしれませんが、
後半の展開は目新しいところはなく、
読みどころもあまりなかったように思います。

著者のファンだけにかなり厳しい感想なのかもしれません。
ネットの書評はかなり好評な人が多いので。

どこかしら輝きがあるところがあればいいのですが、
それすらあまり見つからなかったです。

森絵都さんを始めて読む人は、
この本ではなく別の本から始めることをオススメします。








この女この女
(2011/05/11)
森 絵都

商品詳細を見る







いつも食べてるあのお菓子の地方限定の味≪プリッツ ずんだ味≫


ダイズまるごと炭酸飲料≪SOYSH≫


本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

livedoor RECYCLE


古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】




スポンサーサイト


テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

| 19:12:21 | Trackback(1) | Comments(1)
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012-02-24 金 00:02:54 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

-
管理人の承認後に表示されます2012-01-18 Wed 21:02:37 |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。