■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
日本独自の暦をつくりたい  沖方 丁著 「天地明察」
天地明察

沖方 丁著


去年の本屋大賞の作品。
今映画が製作中とのこと。


評判になった本ということと
時代小説ということ以外ほとんど予備知識なしに
遅れながら読んでみました。




天地明察天地明察
(2009/12/01)
冲方 丁

商品詳細を見る




率直なところ、
なぜこの本がそれほど評判になったか、
よくわからなかった。

最後まで読み通すのに結構労力が必要だったから。


まったく知らなかったけど、
主人公の渋川春海という人は実在の歴史上の人物。
囲碁を生業としている家に生まれて、
算術、いまでいう数学にハマッている。

やがて天文学や天文観測にかかわるようになり、
朝廷が使っている暦が日本の暦には合わないことから
独自の暦をつくり、採用してもらうように奮闘する。

一人の青年の人生。
さまざまな試練を経て成長していく姿を描いている。


人間ドラマとしては、
それほどグッとくるようなところはなかった。

江戸時代の囲碁の役人の生活、城内での様子、
それから、暦や天文学に関する薀蓄が面白かった。

若い時はうっかりしていた春海が、
晩年の重要な場面では、
周りの状況や人間の思惑なんかをすべて把握して、
目的を達成した姿には感動した。

それから、互いに意識しながら一度は別々の相手と結婚したが、
数年後再会して、その後の人生をともにすることになる、
恋愛にはやっぱりジーンとしたな。

先輩や後輩、支えてくれる後ろ盾の存在など、
人と出会いや交流が人生にどう影響していくのか。
しみじみと考えてしまう。

人間はそんなに簡単に変われはしないのだが、
志を高くもって、努力を惜しまなければ、
道は開けるように思った。





天地明察天地明察
(2009/12/01)
冲方 丁

商品詳細を見る






映画「天地明察」公式サイト>>>





いつも食べてるあのお菓子の地方限定の味≪プリッツ ずんだ味≫


ダイズまるごと炭酸飲料≪SOYSH≫


本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

livedoor RECYCLE


古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】











スポンサーサイト


テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

時代小説 | 03:35:24 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。