■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

邪悪な高校生の企み  映画「O」
妬み。
それが人生を生きていくうえでパワーの源になる場合もある。

今日の映画の主人公は、同じチーム内で活躍するバスケットボールの名プレイヤーを妬み、貶めていく。

その名も「O」

O [オー]O [オー]
(2002/06/22)
ジョシュ・ハートネット、ジュリア・スタイルズ 他

商品詳細を見る


実はこの作品、シェークスピアの「オセロ」が原作。
舞台を現代のハイスクールにして人間の本性を描いている。

主人公のヒューゴは、名門の高校のバスケットチームに所属している。
そして、自分の父がチームのヘッドコーチをしている。

そのチームの中心選手は黒人のオーディン。
父のまなざしは自然とオーディンに向けられる。
学校でも家でも注目されるのは、オーディン。
バスケットでも活躍、その上、学校の理事長の娘の女の子、ディジーと付き合っている。
ヒューゴにはほしいものをすべて手に入れている様に見える。

ヒューゴは、父が自分よりもオーディンに愛情をそそいでいると想い、やがて、オーディンを貶めるため、あらぬ噂たて、周りの友達を利用する。

オーディンとともにチームの中心選手でオーディンの信頼を得ていた生徒に問題をおこさせ、オーディンとの仲に亀裂を生じさせ、ディジーと浮気をさせている様に思い込ませる。

事態は、ヒューゴの計画通りに進む。
それぞれ問題を抱えた彼らは、ヒューゴに相談する。
それをしおらしい顔をして聞き、冷酷に計画を進めるヒューゴ。
最後までうまくいくと思っていた計画だったが、思わぬことでその目論見はくずれていく。

いやー、全編、人間の邪悪で、隠しておきたいような本性を描いていていいんだ、これが。
さすが、シェークスピア。人間がどれだけ嫌な部分を持ち、いかに愚かな存在かを実感できる。

人にやさしく!

世界に平和を!

いつでも夢を!


大切で重要なメッセージだけど、やっぱり、そんな美辞麗句だけで人間は生きられない。

妬み、嫉妬、裏切り、嘘、欺瞞・・・。

その裏の部分があってこそ人間。

本性、見せろ・・・。

人間の本性をうまく覆い隠し、何とかうまくみんなで生きていけるようにするのが、伝統や文化だろう。
しかし、その本性をしっかり人々に認識させるのが娯楽や芸術の役目の一つ。

悲惨な事件が発生すると、それらしい顔をして伝えるニュースキャスター。
よくも知らないのに、さも悲しいような顔で故人の生前をしのぶ、ワイドショーのコメンテイター。

あれを観るたびにいつも、居心地の悪さを感じる。
人間は素晴らしい。だけど、それと同時にとてつもなく愚かな存在でもある。
いつでもそれを自覚していたほうが、はるかに世界の平和に貢献すると思うんだ。

本性、見せろ・・・。

たまには、人間の愚かさばかりを描いた映画もいいもんだよ。

ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 映画ブログへ

読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ
格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード


スポンサーサイト


テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

DVD | 22:21:01 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad