■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

君の道をふさぐのは君自身だ ナタリー・ポートマン主演 映画「ブラックスワン」
映画「ブラックスワン」

監督
ダーレン・アロノフスキー


出演
ナタリー・ポートマン (Nina Sayers)
ヴァンサン・カッセル (Thomas Leroy)
ミラ・クニス



ナタリー・ポートマンがこの作品でアカデミー主演女優賞を獲ったので、
「いい」とは聞いていましたが、想像通り・想像以上でした。
まだ観ていないという人には絶対オススメです。



ブラックスワン






母子家庭のせいなのか、過保護のせいなのか。
主人公のバレエダンサーは、どことなく気弱で、まじめ。
自分をさらけ出せという演出家の要求にもなかなかこたえられない。

そして「白鳥の湖」の主役に抜擢されてから、
精神を病んでいく。

ひめられた自分の奥底の欲望や抑えられない衝動。
本当の自分を見失いながら、
やがて「白鳥の湖」の初日を迎える。

まじめで、母親の保護ももと、
地味に暮らしているバレエダンサーにぴったりのナタリー・ポートマン。
いかにもって感じ。

それがやがて母親が疎ましくなり、
自由奔放な同僚のダンサーの誘いを受け、
夜の街に繰り出していく。


夢と現実。
昼と夜。
何が起きているのか、自分でも把握できずに、
ラストに向かってどんどん精神をやんでいく。

そして最高の演技ができたときは、
本当の自分を理解したときだった。

落ちぶれたバレエダンサーの役で、
ウィノナ・ライダーが出ている。
現実とオーバーラップしていて、絶妙のキャスティング。
しかも、ナタリー・ポートマンとどこか俳優として似ているから
さらにこの役ともぴったり。

背中に傷をつくる自傷癖が描かれて、伏線が効いている。

さらに、自分の夢を娘にたくす母親の演技もすばらしいし、
一癖も二癖もある演出家のヴァンサン・カッセルもなかなかよかった。

バレエのシーンも迫力満点で、
ただただ美しい肉体とその動きに魅了される。

人間の内側にどんどん迫って、
とてつもない大きな闇にこわくなる大変な傑作。
すばらしすぎる。



「ブラックスワン」公式サイト>>>



ダーレン・アレノフスキー監督作


レスラー スペシャル・エディション [DVD]レスラー スペシャル・エディション [DVD]
(2010/01/15)
ミッキー・ローク、マリサ・トメイ 他

商品詳細を見る



ダイズまるごと炭酸飲料<SOYSH>

ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ


ブックオフオンライン
スポンサーサイト


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

映画 | 15:04:53 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad