■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

近現代史の最新の研究成果  加藤陽子 著 『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』
それでも、日本人は「戦争」を選んだ

加藤 陽子 著




昨年評判になっていた本です。
いろんな媒体で紹介せれていたので読んでみました。



それでも、日本人は「戦争」を選んだそれでも、日本人は「戦争」を選んだ
(2009/07/29)
加藤 陽子

商品詳細を見る



東京大学の教授の著者が、中高生に日本の近現代史を講義したものをまとめたもの。
中高生に講義・・・というのでもっとお手軽な読み物かた思いましたが、
結構本格的な内容の本でした。

講義を受けているのが、言って見れば歴史オタクの中高生なので生徒もレベルが高い。


日清戦争・日露戦争・日中戦争・大東亜戦争。
タイトルのとおり、近現代史のなかの戦争を中心に、
当時の政治家や日本軍の責任者の意思決定がどのように行われたか。
意思決定の際に何がそれに与えたかなどを解説して、
当時の日本の首脳の心の裡をえさせる。

日本の首脳陣の中での葛藤や軋轢。
また西洋諸外国からの並々ならぬプレッシャーと戦いながら、
何とか日本を生きながらえさせようとういう責任者たちの
体温や息遣いを感じずにはいられなかった。
読めば読むほど、当時の日本人を誇りにおもってしまう。

しかしながら著者は、当時の日本人を心の底から
嫌悪しているように感じられた。

当時の日本のやり方を何から何まで肯定しようとは思わないが、
戦争はやっぱり相手との交渉の結果始まるわけだから・・・。
たしかに強引な手法もあったと思うが、
それをいくら悪く言ったって何かが変わるわけではないし。


いろいろな新たな事実がわかったのでそれはすごく興味深かった。
特に印象に残っているのは、真珠湾攻撃の事実。

なぜ、アメリカ軍があれだけ甚大な被害を出した攻撃を防げなかったのか。
それが、真珠湾の浅さとそれを克服するべく日本軍が行った特殊な訓練、
そして西洋人の人種差別と偏見があったというのは、
読んでいてわくわくした。
日本軍が意外と合理的な戦術をとっていたんだと感激。

本格的な歴史の内容なので手軽に読める本ではないですが、
その主張になっとくできるかは別として、
読み応えのある一冊です。






それでも、日本人は「戦争」を選んだそれでも、日本人は「戦争」を選んだ
(2009/07/29)
加藤 陽子

商品詳細を見る









ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

まるごとダイズ炭酸飲料≪SOYSH≫


読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはありませんか?
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ

livedoor RECYCLE


古本漫画を買うならこちら!【全巻読破.com】




スポンサーサイト


テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

| 22:04:18 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad