■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
凍りつく川から引き揚げあげられた死体が暴くかつての強盗の犯人 ジム・ケリー著「水時計」
水時計

ジム・ケリー 著  玉木 亨 訳



有能な新聞記者のドライデン。
凍りつく川から引き揚げられた車のトランクから見つかった死体の事件と、
翌日大聖堂の屋根から見つかった白骨化した死体の事件を調べるうちに、
未解決のガソリンスタンド強盗とつながりを見つける。
そして、自分と妻が遭遇した交通事故の真相も明らかになる。


水時計 (創元推理文庫)水時計 (創元推理文庫)
(2009/09/05)
ジム・ケリー

商品詳細を見る


舞台は、イギリスの実在の地方都市、イーリー。
11月1日からの一週間の物語。

イギリスらしい薄暗く、寒々しい雰囲気がさらに物語を深くしているように感じる。
交通事故で植物状態になり、入院した妻を見舞いながら、ドレスデンは記者として取材をする。

新聞記者の実態(まぁイギリスのだが)が、描かれていて、それがすごく興味深かった。
取材対象者とのやりとりを、談話として記事にどうそつなくまとめるかとか。

それから印象に残ったのは、イギリスも他民族国家だということ。
イメージではわかるけど、この本で改めて実感させられた。
さまざまな移民がイギリスで生活していることも、物語に絡んでくる。

移民との不和みたいな問題、イギリスでは深刻なのかと勝手に想像してしまった。
(ましてや、移民の人が頑張って一財産築いてもともといるイギリス人よりお金持ちになったら・・・。)

物語は、死体の発見がきっかけでさまざまな人間が絡んだ事件の時計がふたたび動き出す。
警察や政治の人間も登場してきて、事件のもつれた糸がなかなかほどけていかない。
それでも、取材をするうちに真相へと近づいていくところは、ゾクゾクする。

水時計というタイトルは、あとがきで解説の人が書いているようにいろいろな解釈ができるが、
個人的には、水が氾濫して街の飲み込んでいくさまを表現しているように感じた。

それにしても、イギリスが舞台の本によく出てくる沼沢地(フェン)というのは、どういうところなのだろう。
日本でいう湿原のようなところなのか。
そこは、やはり人が住むにはあまり向かない、誰も行きたがらないところなのだろう。



水時計
Amazonで購入
書評/ミステリ・サスペンス




ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ


読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ
格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード
スポンサーサイト


テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

翻訳本 | 03:02:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。