■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
本村洋さんの長く過酷な戦い  門田隆将 著 「なぜ君は絶望と闘えたの 本村洋の3300日」
門田隆将 著

なぜ君は絶望と闘えたのか 本村洋の3300日


山口県光市。

18歳の配管工の少年が、水道検査を装い、強姦目的で他人の家に入り、新妻を殺し、傍らで泣き叫ぶ赤子も床にたたきつけて殺したという事件。

あまりにも有名なこの事件の被害者の、夫であり、父の本村洋さんの事件発生から、判決確定までを描いた力作ノンフィクションです。

なぜ君は絶望と闘えたのかなぜ君は絶望と闘えたのか
(2008/07/16)
門田 隆将

商品詳細を見る


事件が事件だけに、読んでいて気持ちが重くなってくる。
逮捕された少年の態度が、まったく反省していなくて、腹が立ってくる。

3300日。
約10年。

事あるごとに事件のことが、思いだされる裁判の日々。

犯人が18歳であるということ。そして、ころしたのが2人ということ。
どんなに卑劣な犯罪でも、裁判は前例を踏襲し、相場主義を貫く。
つまり、この事件での判決はどう転んでも、無期懲役が最高刑。
実際、高等裁判所まではその判決が下される。

無期懲役といっても、終身刑ではない。
早ければ少年の場合は、8年で仮出所できるらしい。

また、当時は法廷に殺された遺族の写真を持ち込むことは許されなかった。
加害者は法律で保護されているが、被害者はまったくケアされていなかった。

どう考えてもおかしいこの日本の裁判制度。
やがて国民を巻き込んだ運動となり、最高裁は高裁の判決を差し戻す。

途端に死刑の可能性が高くなったこの少年に、死刑反対の運動を展開している弁護士が20人以上弁護に加わる。そして、その弁護戦術の卑劣さと、事件の真相とされる荒唐無稽な話に、さらに国民は強く反発する。

後半は、読んでいて全身の血がたぎるような感じ。
ホント、この弁護団に腹が立つ。

約10年の戦いで、本村さんの成長していく姿が感動的だった。
単純に犯人が憎いというところから、日本の司法や裁判、もっと言えば犯罪や社会にいたるまでを考えるようになって、さまざまな運動に参加する。

日本の司法をかえるきっかけとなった本村洋さんの戦い。
必読です。



なぜ君は絶望と闘えたのか
  • 門田隆将
  • 新潮社
  • 1365円
Amazonで購入



ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ






読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ
格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード


スポンサーサイト


テーマ:ノンフィクション - ジャンル:本・雑誌

ノンフィクション | 22:03:10 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。