■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

“ボローニャ”本 2冊目。 星野まりこ 著 「ボローニャの大実験」
星野まりこ 著

ボローニャの大実験

ボローニャというイタリアの地方都市のことをもっと知りたくて、手に取った2冊目の本です。
1冊目の「ボローニャ紀行」にこの本が載っていたので、すぐに読み始めました。

ボローニャの大実験 -  都市を創る市民力ボローニャの大実験 - 都市を創る市民力
(2006/05/26)
星野 まりこ

商品詳細を見る


読後の感想は・・・。

結構難儀しました。

前の本はいろんな分野の内容がバランスよく描かれていましたが、この本は、ボローニャの協同組合や団体で活動する人たちの話や、その活動内容なんかがもうこれでもかというほど細かく書かれています。そりゃーもう、ほんとに細かく。丁寧に欄外に註までつけちゃったりして・・・。

ボローニャという町を余すところなく紹介しようという著者の努力は買うのだが、もう少し読みやすさを考えてほしかった。さまざまな団体を取材して、話をきいて、たまに著者の感想を挿入って具合。
まぁ、勉強にはなったけど。
「ボローニャ紀行」より深く、協同組合とか福祉団体とかを理解はできました。

この本は井上ひさしさんの本と一対になっていて、ひとつの事実(井上さんがスリにあった話とか)を表と裏で違う角度から読めたのはすごく面白かった。

できたらもっと読みやすかったらよかったんだけど・・・・。

ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ


読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ
格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード
スポンサーサイト


テーマ:ノンフィクション - ジャンル:本・雑誌

ノンフィクション | 21:23:14 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad