■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
嘘か、真か、安徳天皇伝説。 宇月原晴明著「安徳天皇漂海記」
安徳天皇
壇ノ浦の戦いにおいてわずか八歳という年で政争に巻き込まれ、祖母とともに入水を余儀なくされた悲劇の天皇。

しかし、この幼き天皇は実は、その後、助かり生きていたという伝説が各地に言い伝えられている。
それというのも、持っていたはずの三種の神器のうち海に沈んだ勾玉は引き上げられたが、宝剣は見つからなかったため、安徳天皇がその後もh宝剣をもって生きているのではないかと言われているらしい。

その伝説を利用しつつ、何とも独特の幻想の世界を紡ぎだした作品。
それが、今日紹介する「安徳天皇漂海記」です。

安徳天皇漂海記安徳天皇漂海記
(2006/02)
宇月原 晴明

商品詳細を見る


第一部は、鎌倉時代。
鎌倉幕府を築いた頼朝の息子、実朝が征夷大将軍の頃が舞台。

実朝の側近らしき人物が語り手として、昔を回顧する形で始まります。

史実をうまく絡ませながら、どこからが創作かわからないくらい、実朝の揺れ動く心情と周りの蠢く人物たちを描き出します。

すんなり、読めてしまうので歴史の勉強にもなるかも。

当時の実朝の心情を表す変わりに、実際に残されている短歌が多数引用されています。
実際、実朝は歌人としても評価されており、自分でも歌集を編んでいる。

また、作中、宋に渡ろうと思いつき、唐舟を建造させていますが、調べるとこれも事実。しかし、野望はかなわず進水する前に由比ケ浜で朽ち果てたという。

この人物に、安徳天皇がどう関わってくるか、それは、どうぞ読んでみてください、
まぁ、ほんと、幻想的で、魅力的。
しっかりと当時の時代を調べて書いてあるから、説得力もあるし。

第二部は、マルコ・ポーロとクビライ・カーンなど当時の日本の外側が舞台。
また、そこにも、安徳天皇が関わってきます。
この辺は、ちょっと、作っている感じがするが・・・・。
(二度の元寇を跳ね返した、神風のなぞも明らかになる?)

難しい言い回しや言葉もあり、もっと難儀するかと思いきや、楽しんで読みました。特に第一部はアッという間に読めるくらい面白かった。
とっつきにくそうなタイトル。なんか、めんどくさそうー。
まぁ、そう思わないで、たまにはこんな小説もいいもんだよ。
ぜひ、チャレンジしてみてください。

ライター 豊崎由美さんの書評はこちら

ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 本ブログへ

読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ
格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード


スポンサーサイト


テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

時代小説 | 00:56:57 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
こんにちは。じっちゃんです。

宇月原さんの作品は未読です。

この記事に触発されてが読みたくなり、やはり処女作からということで『
信長―あるいは戴冠せるアンドロギュヌス』を購入しました。タウム1さんはもうお読みでしょうか?

読んだらブログに感想書きます。
2006-10-07 土 07:33:12 | URL | じっちゃん [編集]
コメント ありがとうございます
> じっちゃん さん

「信長・・・」、未読です。

信長が両性具有という奇想天外な設定だったと思いますが、結構評判になっていたと思います。

ぜひ、読んでみようと思います。
2006-10-08 日 10:32:28 | URL | タウム [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。