■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
冤罪・・というか、まったくのデッチあげ。 「『冤罪』を追え 志布志事件との1000日」
朝日新聞鹿児島総局 著

「『冤罪を追え 志布志事件との1000日』」

鹿児島県議選の選挙違反で起訴された12人の被告が全員無罪となった

「志布志事件」

「踏み時」など警察の強引な取調べが批判され、テレビ・新聞を賑わかせた。
一体、この事件はどういうことなのかとずっと気になってました。
警察が、無実の人間を事件をデッチあげてまで、逮捕・拘留することがあるのか。

「冤罪」を追え 志布志事件との1000日「冤罪」を追え 志布志事件との1000日
(2008/05/07)
朝日新聞社鹿児島総局

商品詳細を見る



この本は、鹿児島の朝日新聞の総局長が書いている。
新聞記者だから、事件とともにどう事件を報道したのかが書かれている。
どうしても、「自分たちはこんなに苦労して事件を報道した」感がにじみ出ている。

もっと事件を集中して書いてほしかったのに、部下の苦労とか、困難を極めた取材のことも結構書いてあった。
そういう本だからしょうがないか・・・。
ノンフィクションにしては、のめりこめなかったし、緊迫感がなかったなぁ。

それでも事件の大体のかたちがわかったのは面白かった。
この現代の日本で、まだ、こんな時代おくれな警察組織や刑事が存在するのかと驚いた。

冤罪。
それは、無罪の人が事件の犯人に間違われること。
でもこの志布志事件は、選挙違反の事件そのものが存在していない。
警察が事件自体をでっちあげて、普通の市民を逮捕したんだ。
史上、まれに見る警察の暴走。

じゃ、なぜ、警察はここまで暴走したのか。

なんとなく想像はついていたが、選挙での対抗候補の影響だったとされる。
選挙違反で逮捕された県議は、定数3で3人候補がいる無風の選挙区に立候補した。
当選が危ぶまれていた候補と地元の刑事が親しく通じていて、刑事が暴走したようだった。

読んでいるうちに、逮捕された人たちは本当に気の毒に思えてきてしょうがなかった。
何ヶ月も拘留され、仕事もやめざるをえなくなり・・・。
地域の人からは白い目で見られ・・。

この数年間は、本当に地獄だっただろうと容易に想像がつく。


裁判中に、警察のでっちあげだという可能性があると気づきながら裁判を続けた検察にも責任は大いにあるね。
本当に腹が立つ。
もし、自分がこんなことに巻き込まれたら、この人たちのようにしっかりと警察に対抗できるかわからない。


でも、もうちょっとわかりやすく書いてほしいなとちょっと残念。

ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 本ブログへ



読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ
格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード
スポンサーサイト


テーマ:ノンフィクション - ジャンル:本・雑誌

ノンフィクション | 01:48:51 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。