■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「職業外伝」の著者が描く、寄席の人々。 秋山真志著 「寄席の人たち 伝代寄席人物列伝」
寄席の人たち 現代寄席人物列伝

秋山真志 著


「職業外伝」は、今なお残る昔ながらの職業をあたたかいまなざしで見つめたノンフィクションで、
心地いい読後感がいまでもよみがえる名著でした。
この本はその著者が、寄席で仕事をする人々、10組を描いたの作品。
いわば、「職業外伝」の寄席版といえます。

著者の落語やそれを取り巻く文化、環境に対する愛情にあふれている一冊でした。


寄席の人たち―現代寄席人物列伝寄席の人たち―現代寄席人物列伝
(2007/04)
秋山 真志

商品詳細を見る


今はまた落語のブームらしいですが・・・。
いまだ寄席というものに行ったことがない自分のような人間にとっては、寄席入門としても読める
とても貴重な本でした。

寄席という独特の場で働く人々。
かけがえのない、貴重な職業の人たちばかり。
お金とか、名誉とか、そんなものよりも心意気を重んじるような空気がまだここには漂っているよう。

金の猛者のような落語家もいるかもしれないが・・。


ここに登場する人がその職業に就くまで、その職業の歴史、そして職業についてからのこれまでの
人生をつづっている。
人それぞれ、いろんな人生があるもんだと、単純に感心してしまう。

でも、むずからの意思でという人もいるが、成り行きで・・・って感じで今の職業についている人もいる。
人生が何たるかを語っている気がして、面白かった。
この本で取り上げている職業はこんな感じ。

・席亭(寄席のオーナー)
・大神楽
・お囃子
・手品
・講談
・紙切り
・寄席文字書家
・三味線漫談
・漫才
・落語


歴史と伝統に根ざしている職業が多くて、必ず、先輩とか師匠がいてその技や芸や気持ちを受け就いでいる。結構、ここがよかったなぁ。悲しいことに失われつつある昔の日本の空気に郷愁を感じつつ
また、心地いい感じになりました。

それぞれの職業を目指すに、メッセージやアドバイスも載っている。
本気で目指す人は読んだ方がいい本
寄席の人たち―現代寄席人物列伝寄席の人たち―現代寄席人物列伝
(2007/04)
秋山 真志

商品詳細を見る


ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 本ブログへ



読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ
格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード


スポンサーサイト


テーマ:ノンフィクション - ジャンル:本・雑誌

ノンフィクション | 23:36:11 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。