■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

紀元前1万年? 映画 「紀元前1万年」 
映画 「紀元前1万年」

監督・脚本 : ローランド・エメリッヒ
出演 : スティーブン・ストレイト 、 カミーラ・ベル 、 クリフ・カーティス


予告編のダイナミックが映像に惹かれて、劇場に行きました。

確かに迫力はあったなぁ。




紀元前1万年


まったくのフィクションとして楽しめば問題はないと思う。
実際の紀元前1万年で、人類があんな社会を築いていたとは思えない。

国家とか、文明とか、かなり現代の社会に教訓めいたメッセージを発している。

内容としては、そんなちっぽけな感じより人間と厳しい自然との格闘を描いてほしかった。
わかりやすいストーリーがいかにもハリウッドぽい。
最後は死人が生き返ってハッピーエンドだし。

この時代は、人類は地球でまだまだ端っこの存在だったはず。
その人類がいかに過酷な自然に翻弄されているかのほうが、ドラマティックなような気がする。

マンモスの狩りのシーンとか迫力のシーンには満足したけど、
独裁者がいて、奴隷がいてっていうありきたりのストーリーはつまんなかった。

ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 映画ブログへ


読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ
格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード


スポンサーサイト


テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

映画 | 09:04:27 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad