■プロフィール

タウム1

Author:タウム1
FC2ブログへようこそ!

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」 茨木のり子

この言葉を肝に銘じて、本や映画を鑑賞しています。
やっぱり読書はいいですね。
いつも何かしらの本を読んでいます。
ミステリーから純文学まで・・。
特にノンフィクションはやめられないですね。
知らなかったことがわかる快感、魂の解放って感じで・・・。

オススメ本・・・「おそめ」 伝説のホステスの生涯。何ともいえない思いになりますよ。 「わたしを離さないで」 この気高く、奥深い感じ。小説の魅力に満ち溢れてます。 オススメ映画・・「イン・ザ・ベッドルーム」 二人の女優の演技にホレボレします。  「ザ・コンテンダー」 信念を貫くとはこういうこと。強いメッセージを感じますよ。

■広  告


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ポチっとお願いします。
■あし@

■ブロとも申請フォーム
■ポチッとな・・・

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

■ブロとも一覧
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

■広   告

大学教授の変死    D・M・ディバイン 著 「悪魔はすぐそこに」
D・M・ディヴァイン著

「悪魔はすぐそこに」



久しぶりの本格ミステリー。

オーソドックスで、きちんとミステリーのつぼもおさえてた。

悪魔はすぐそこに (創元推理文庫 M テ 7-1)


悪魔はすぐそこに
Amazonで購入
書評/ミステリ・サスペンス



著者は、マニアには結構有名な人らしいです。

だから、安心して物語に浸りました。

大学という特殊な空間が独特な雰囲気を生んでいるね。
世間とはちょっと違った価値観がある感じ。

研究者と大学の職員。

大学の資金を不正に受け取っていた疑いをかけられて、免職処分が下されそうだった
大学教授が自宅でガス中毒で死んでいるのを、大学の職員が見つける。

やがて、大学教授の死は殺人とされて捜査がはじまる。

8年前に起きた、女子学生の堕胎手術失敗による死。
大学にとっては触れられたくないスキャンダル。

定番といえるような展開で、過去のこの事件がふたたび、悲劇を起こす。

読者をきっちりと欺くようにもなっているし、普通に楽しめる。

ひねくれている性格でだいたい犯人は想像がついたのだが・・。

犯人がだれかということよりも、人物造形に注目して読んだ。
多視点だから、いろいろな人間の内面が描かれている。
しかし、犯人だけはやっぱり輪郭がうっすらとしていたように思う。

読み終わったからいえるんだけど・・・。

普通に楽しめる娯楽作でした。

ランキング参加中。クリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 本ブログへ



読まなくなった本・漫画。そのほか不用なCD・DVDはここに売りましょう
本・CD・ゲーム・DVD「お売りください」イーブックオフ
格安DVDならここ!
CD/DVD 買うならタワーレコード



スポンサーサイト


テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

エンタテイメント | 12:40:04 | Trackback(1) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

-
管理人の承認後に表示されます2008-04-21 Mon 07:41:41 |

FC2Ad